レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

326~350件/11504件 を表示

  • 匿名希望
    ネタバレあり
    最後が意外だった
    全体的な絵の雰囲気や登場人物の雰囲気が第一印象でほのぼのとしているなという感じで、ストーリーも序盤は特に劇的な展開はないように感じたけど、ラストのシーンが予想外で意外な展開でした。彼の正体など、今後のストーリーが気になります。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月14日
  • 匿名希望
    続きが気になる
    BLなのにストーリーの内容も濃くてエロもちゃんとあって、言うことなしです。早く続きが読みたいです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月14日
  • 匿名希望
    カバー下などについて
    内容の中には、エキストラページとして、カバー裏や袖の著者文、カバー下の表紙、裏表紙が収録されています。その他、カバーの背表紙やカバー下本体の背表紙は含まれていません。
    カバーの背表紙は、このサイトの本棚機能で確認できます。
    スクエアエニックスさんはこの辺かなり頑張ってるという話ですが、この作品は、本体の背表紙にもおまけの絵があったりするので、そこが欠けてるため減点1。
    どうしても本体背表紙のおまけを見たいのであれば、紙媒体のものを手に取るしかありません。
    カバーの背表紙の方もそうですが、今後加えてくれる日がくるのを願います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月14日
  • 丁寧な空気感
    愛の育み方を丁寧に描いている作品。
    今回は谷地の過去の話がメイン。
    丁寧に丁寧に会話を重ね、感情をやりとりする空気感に浸っていたくて、2人の出会いから読み直してしまう。何度読んだかわからない!クチナシのくだりの表現に唸った。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年09月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    なんだかスッキリしない
    試し読みでチラリと中を見て、絵が好みだったので買ってみました。
    設定は主人公と叔父というよくある感じで、同居することになって話が進んでいく。
    ただ、話の展開が個人的には不自然に感じた。
    一応、ストーリーの起承転結として、2人の気持ちの問題が表現されていたりはするが、あまりにも薄っぺらくあっさりとくっついてめでたしめでたし!と言う感じがなんとも言えない後味の悪さを感じた。
    最後に2人の絡むシーンがあるが、その分を2人の気持ちだったりそういう描写で使っていた方よかったのかな?と思う。
    無理やり絡みを最後に入れた感じが不自然でストーリーが全体的に頭に残らなかった。
    デビュー作だったら今後に期待したいところだが、そういう訳でもないので次買うことはないと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月14日
  • 匿名希望
    待ってた!
    自分の人生と時代がシンクロした小山田いく先生の作品群。「すくらっぷ・ブック」と「ぶるう・ぴーたー」は電子書籍化されて久しかったけどこの作品はなかなか……いつか電子書籍化してくれないかと待ってた。ありがとう。昭和の時代だから描けた高校生の日常。ちょっとあこがれた下宿生活。作品の舞台の町とは異なるけど自分も田舎に住んでたのでこの作品に感化されて星を眺めるようになった。あのころをいろいろ思い出して、そして空の上にいる小山田先生に感謝して、今夜は飲みたい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月13日
  • ちょっとした謎と日々のやり取り。
    婆さんがやってる商店街の喫茶店。
    孫を使ってメイド喫茶というていにしている。
    このご近所感覚が本作の魅力です。
    登場人物の誰もが嫌味さがなくて気持ちよく、彼らの間で交わされるほほえましいやり取りが面白い。
    主役になるのは愛嬌があって、間の抜けたアホの子。
    アホの子だけど探偵志望で時折冴える。そうやって、町で起こるちょっとした謎を解いて回る。
    知り合いの気心の知れたやり取りを隣で聞いているような、あるいは見ているような。
    読むたびに、ご近所の輪に入れてもらっているかのような、そんな居心地の良い作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月13日
  • リアルで人間味がある物語
    高校で出会ってなんやかんやあり、3年後再会。2人の関係が動き出すって感じで、登場人物の感情がリアルで人間味があります。くっついてからのセックスもリアルで可愛い。優しい雰囲気で進む物語。これでデビューコミックスとはすごい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月13日
  • 匿名希望
    SF×クッキング×エロ×バトルアクション・コミック
    私が付けたレビュータイトル通りの漫画です。あくまで「青年漫画」ですが、エロス描写が多く含まれています。Boichi氏の過激で迫力のある濃い絵柄は見る価値があります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月12日
  • 過干渉
    エロ濃いめ。しずる感あり。大学生。高校からの付き合い。お約束のルームシェア。頭が良く男前で人気はあるが他人を受け入れない攻。唯一懐に入れたのはコミュ力が高くちょっと天然な受。どっちが主人公か分からない作品。
    大学が別々なのに受に新しい友達を作らせようとしない攻。食事を理由にバイトを制限したり、女の子のアドレスを見つけると携帯から勝手に削除。それでもあんまり怒らない受に疑問を感じつつ、寝込みを襲われて意識するようになるあたりが自分的にはハテナ。もっと警戒心とか色々ないのか?と小一時間。
    絵柄は凄く好き。綺麗だし攻に色気がある。執着が身を結ぶが、受がちょっとお馬鹿さんだったので少し残念。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月12日
  • 匿名希望
    感激以外に言葉がありません
    30年ぶりにまさか続編が読めるなんて(感涙)
    とはいえ、〇年ぶりの続編でガッカリするケースも世の中には多くあります。
    でも、SWANは違った!
    絵が美しい!
    違和感がない!
    生きてて良かったと心から思える作品です。
    オリジナルも色あせない名作ですので、読んだ事ない人にも是非ともオススメしたい。
    男性も結構ハマる人多いですよ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月12日
  • 匿名希望
    本編と比べると絵が…
    本編と比べると絵が別人のようで…
    ちょっと見てられない。
    本編に愛着があるだけにつらいです。
    沖田君の死を乗り越え、岩崎君と…とキレイなエンディングだったのに、
    沖田君に似た人に会うといちいちフラフラして^^;
    ショートカットで元気な万能中学生だったナッキーは痛快だったけど
    なんか、勘違いした、ただの色気のないイタイ女になっちゃったな…
    と思い…ガッカリ感が大きすぎます。
    と、ストーリーはともかく絵が、ひどい。
    同じ人の書いた絵とは思えません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月12日
  • 匿名希望
    ストーリーは好きです
    一言で言うと、神様と人間の恋です。
    ストーリーはとても好きなのですが・・・
    いかんせん電子書籍が「画像型」なのですよ。。。
    読みにくすぎて途中から目と頭が痛くなり、もう文字を追うのもやっとで・・・
    世界観に浸りたくても浸れませんでした(T_T)
    せっかくの作品がもったいなすぎます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月12日
  • 一途な二人
    「睨めば恋」の受けの兄ちゃんの物語。とりあえずキュンキュンします。出会って約10年、1度止まった2人の関係が動き出すとこがたまりません。攻めが言動カッコよすぎ。受けもツンデレ可愛い。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月12日
  • かわいい
    まず絵が可愛い。生徒と知らずに体を重ねる先生。入りは体からやけど、お互いが純粋に惹かれ合うとこにキューンときます。エロはそんなに多くないけど、受けの先生の顔が可愛い。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月12日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    続きが見た〜い!!!
    わたしとしては、絵…良し、物語の内容と展開のテンポ…良し
    …ということで、好きな作家さんの一人になりました。(上から目線すみません)
    メインの登場人物達の表情とかが丁寧に書いてあって、その時の心情が印象的で、主役の二人の今後も知りたいなぁ〜と思える作品でした。
    お試しで読み始めて、なんだか気になって購入しました。
    作者さんのコメントで、その後のことも描きたいようなコメント書いてありましたが、描かれたのかなぁ?
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月12日
  • 匿名希望
    ぼのぼので良かったです。
    タイトル通り初恋が実った話でした。
    ぼのぼの系なので、おススメ出来るかと。
    ただ…失礼かもしれないが、多分ハイキューが好きなのかな?
    と思う位似てるのが笑えます。
    パラレル世界だったらそうなりそうだなーって思ってしまうw
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月11日
  • 匿名希望
    かわいい
    とても素敵なお話です。
    少女漫画でここまで色々詳しく描かれているなって珍しいと思うんですが
    いやらしさとかなく、でもちゃんとドキドキします。次のお話早く配信してほしいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月11日
  • 倉田さんの薬屋コミカライズ!
    壬氏様へむける主人公猫々の蔑んだ目が素敵。
    薬屋のひとりごとはコミカライズ2種類あるけど、倉田さんのコミカライズの方が原作寄りな気がしてわたしは好き。
    特に猫々の表情がよい。
    丁寧に書かれているので、原作未読の方も是非。
    なお作画を担当している倉田さんは、別作品(天穹は遥か)でも中華系を題材にしているので安心して読めます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年09月10日
  • バビ
    飯田さんの本は常々読んでいて、こちらも知り合いに勧められて読みました。一見、宗教のようだと思われるかもしれないが彼自身は信仰している宗教も、所属もないとのこと。このお話が仮にファンタジーであっても、自分の生き方や人生の過ごし方に影響を与えられるのではないかなと思う一冊です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月10日
  • 匿名希望
    本気で家計が変わる気がする!
    お金のことが苦手な私には、
    あまり難しい本ではムリなので
    取り掛かりやすそうなかわいい表紙に引かれて購入しました。
    開いてびっくり。
    お金に関する事がギッシリ書いてありました。
    全てが目からウロコな内容ばかりです。
    これ一冊読むのに何日もかかりそう(まだ最後まで読めてません…)ですが、
    読み終えた時には、人に教えられるくらいになっていそうです。
    家計簿すらつけない私が、こんなに夢中で取り組めるなんて
    自分でも驚きました。
    最後まで頑張って読んで、家計を1000万円変えたいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月10日
  • ネタバレあり
    1巻と2巻で雰囲気がガラッと変わります
    某白い家の和製ホラー映画のように、成すすべ無く呪い殺されていく様が、絵柄と合わせて徒とも不気味です。1巻だけ読むとこのまま主要人物が殺されて終わりかなと思いましたが、2巻になると人間側の反撃が始まってとても痛快で押切先生らしい作品でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月10日
  • ネタバレあり
    乙ゲーの輪廻
    何度も輪廻してハピエンを目指すストーリー。
    主人公が幼少期の時から話が始まり、ちやほや逆ハー気味に育っていく様(でもスルー)を読み進めると愛着を持ってしまいました。誰に恋心を持つのか、オチがどうなるのか、最後まで気になって最後はホッコリ。でもまだまだ読み足りなく思うほど。甘々ではなく、主人公やサブキャラ等を応援したくなるようなストーリーでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月09日
  • ネタバレあり
    年上攻めがいい感じなのかもしれません。
     この作家さん好きで何作か読んでいるのですが、この作品が一番好きです。
     この作家さんが書かれる作品の登場人物はみんなものすごく繊細でやさしいです。ですがやさし過ぎて恋愛の熱量が少ない内容が多いように感じていました(キュンとするところはたくさんあります)。この作品は、年上攻が相手のことが大好きだというところから話が展開していくのですが、そこから攻と受のそれぞれの相手への愛情が膨らんでいくところが熱量多く描かれていたと思います。
     また、人の運命の赤い糸が見えるという「赤い糸の執行猶予」と同じ設定も、前作より効果的に使われていたと思います(「赤い糸の執行猶予」もいい作品です。キュン度高め、エロ度低めです)。
     すごくいい作品なのですが、少し展開が読めるところがありましたので星4とさせて頂きます。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年09月09日
  • 匿名希望
    小説を読もうから誕生した漫画版
    小説を読もうの愛用者です。
    この原作者が好きなので当然買いましたが
    絵柄とかイメージと合ってるので、
    おススメですよー!
    内容は…転生した剣と猫耳少女が冒険する話です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年09月09日