レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

3326~3350件/11250件 を表示

  • 勿体ない駆け足な終わり方
    設定や発想が好きなだけにもっと広がりそうな話が急に駆け足で終わった気がして勿体なく感じました。
    主人公が突然得てしまった「えぐる」能力は面白いし対になる能力も説得力がありますね。
    SETI計画に夢を感じる方に勧めたいです。
    ヒストリエがきちんと完結しますように…
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月03日
  • 半妖半人クレイモアと妖魔の過酷な運命の戦い
    人を喰う妖魔と、その妖魔を倒す半妖半人のクレイモア。
    半妖半人であるからこそ人間離れした力を持つクレイモアだが、半妖半人であるからこそ力を使い過ぎると自らが妖魔になってしまう危険性もはらむ。
    「亜人」とか「東京喰種トーキョーグール」とかでも描かれていたような、人間と人間の敵の狭間で揺れる生き方が面白かった。力を使い過ぎると~という点は「魔法少女まどか☆マギカ」とかに通じるところもあるかな?単なるバトル物ではなく、その奥にある過酷な運命と謎が読み応えがある。
    そして、その妖魔とは?クレイモアとは?が話の終盤に向かうに連れてどんどん解き明かされていくミステリーはとても秀逸。
    襲ってくる妖魔たちの気持ちの悪い造形も凄い。
    ただ、おそらく意図して描かれているのだろうが、表情に乏しく能面のような顔のクレイモアたちにいまいち感情移入しにくく、また派手なバトルシーンが多いがいまいち迫力に欠けて、もう一つ燃えられなかった。
    それから、これは作品自体のことではなく電子書籍としての問題だが、戦闘シーンなどで2ページ見開きの大きな絵が何度も使われるが、真ん中に白線が入ってしまっており左右が繋がっていないページが多かったのが残念。まぁ、紙媒体本でも見開きページは真ん中の部分は見えないわけなのだが、電子書籍なら元の繋がった絵にして欲しかった。紙媒体にする前の大元の原稿データは無いのだろうか。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月03日
  • 題名が?ですが
    なんで「からっぽダンス」という題名なのかイマイチわかりませんでした。
    でも月島さんがほのぼのとしていてかわいかったです。
    安心して読めました。
    次回作にも期待しています。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月03日
  • 1年の間にバレンタインデーが2度ある?
    6巻の第22話と9巻の第34話がバレンタインデーの話で、そこまでは違和感はなかったのですが、その次の第35話で1年生から2年生に進級する話だったので混乱しました。これが3年生になっているのだったら1度目のバレンタインデーと2度目のバレンタインデーの間に夏休みの話があったりもしたので納得できたのですが、9巻で今更2年生に進級した話をされても、二人は高校生では既に2度のバレンタインデーを経験しているはずでは……と困惑させられます。この漫画の時系列は一体どうなっているのか。1巻から順に読み進んできて、なのに9巻でこの不可解さになるというのはものすごく不愉快極りないものでした。登場人物の成長や関係を順を追って見守るようにできていないというか、単に作者側のミスなだけなのかもしれませんが、何にしてもやってはいけない一線があるのではないかと思う訳です。それが非常に残念でなりません。
    情け容赦なく星1つにしたいところなのですが、9巻の34話まではとても楽しく読めていたので百歩譲って星3つという甘めの評価にさせていただきました。この漫画は、面白ければ話の流れに整合性が取れてなくてもいい、若しくは、時系列はデタラメでもいい、という、おおらかな人に向くギャグ性の強い漫画なのだと思います。細かいことが気になる人は、私のように「真面目な私がこのようなギャグ漫画を読んで申し訳ありませんでした」という気にさせられるかもしれません。
    #電子書籍版で読みました。紙媒体の方はどうなっているかわかりませんが、文中の巻の話数は電子書籍版のものです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月03日
  • 三者三様の「19歳」と「制服」の持つ意味
    他レビューを読んで興味を惹かれて、ちょうどセット購入でポイントアップだったのでまとめ買いしてしまった。
    それぞれ純粋だったり変態だったり陰湿だったりな「ヒメゴト」を抱えた男女三人の複雑な三角関係だが、「19歳」って、「制服」って、そういう意味か。タイトルが話の主眼になるシンボル的なキーワードなのが分かると面白い。
    良くもまぁこんな凄い三角関係考えつくこと。
    最初の入りから中盤までの素敵にどろどろした展開は大いに楽しめたが、残念ながら私はラストは他レビューさんのような感動は出来なかった。それぞれの抱えるヒメゴト、心の闇が、もっとすっきり晴れるようなエンディングなら良かったんだけど。
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年01月03日
  • 匿名希望
    トリミング
    作品の評価以前に、トリミングがひどすぎて書き文字がなんだかわからないことになってたり、構図が台無しになっているところが多すぎる。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年01月03日
  • 口づけは心。
    ある事情により、幼い頃に沿は要の弟として引き取られる。仲睦まじく過ごすうち要の沿に対する親愛は愛情に変わる。自分を律しようと過ごす日々のなかで要の膨らみ続ける欲望が染みだし、数学教師の大場に知られてしまう。欲望を鎮めようと要は大場と繋がるが、心までは繋がれず、膨らみ続ける。心と身体が別物のようになってもナニも解消されない。…テーマとしてはBLでなくとも成立しそうだが、この作家さんの手にかかると立派なBL作品になる。たぶん絵が、そうさせる。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月03日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    大人だからこそ読むべき漫画
    主人公は軍人だが戦場が舞台ではなく、停戦後の世の中の歪を直していく「戦災復興」という仕事をテーマにしている所が面白い。初めはヒーロー系の世直し話みたいなものか?と思っていたが読み進めていくと一見単純そうに見えた話の奥深さに驚く。ストーリーの構成力と様々な社会問題について改めて考えさせられるような強いメッセージ性はすごい。
    ストーリー自体はさほど難しくはないが、心理描写や武器の開発からその運用方法等細かいところまでしっかりと描かれており、それ自体も物語の重要なピースとなっているので一巻一巻の情報量が多め。伏線も多いのでじっくり何度も読み込む人に特におすすめ
    人が死ぬ描写が多いがさほどグロさは無いほうだと思う。また、エロいシーンはないが暗いシーン続きの場面転換ギャグに男性の下半身系の下ネタ多め
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月03日
  • 匿名希望
    官能的なセリフでイカされる
    どぎついグロな絵で欲情をそそるこの手の漫画が多い中、心理描写と絵で楽しませてくれる。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年01月03日
  • バカらしくも最高
    もうホント、最終話を読んでください。それに尽きます。このノリ大好きです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年01月03日
  • もう少し
    さすがに初めて体験するタッチの絵柄でした。
    このタッチがストーリーをさらに膨らませている気がしますが、
    ストーリー自体にそれほど目新しさは感じません。
    もう少し長編の作品に期待したいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月02日
  • うすた京介の進化を感じる
    来ましたね、うすた先生の実力を見せつけられる一作。私は1巻の第5袋で腹筋崩壊してしまい、しかも笑ってはいけないような環境で読んでいたので死にそうな思いをしました。
    マサルさんやジャガーさんのときよりも笑いの質が進化しているような気がするのは、私だけでしょうか?
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月02日
  • おとぎ話
    オノナツメがシリアスタッチの絵柄で描くおとぎ話のような漫画。
    でも、おとぎ話で終わらず、いかにもオノナツメらしい展開。
    派手さはないですが楽しめます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月02日
  • ロードムービーの様な漫画
    キャラの絵柄を上手く書き分ける作者ですが、
    今回のシンプルな絵柄からは想像つかない内容の漫画です。
    逆を言えばこの内容だからこの絵柄なのかも?
    ロードムービーの様な展開で心にくる漫画です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年01月02日
  • スピンオフ的な作品
    リストランテ・パラディーゾのスピンオフ的な作品。
    お店の成り立ちや従業員のプライベート等がハートフルに描かれています。
    わりと濃い内容で楽しめますが、
    やはりリストランテ・パラディーゾと合わせて楽しんでもらいたいです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月02日
  • 設定の面白さも楽しめるが
    従業員が老眼紳士のみなんてありえないんじゃない?
    と、言いたくなる設定ですが作者の好みでしょうか?
    ですが作者特有のハートフルな味付けがしてあり、
    オノナツメワールドを堪能出来ます。
    スピンオフ的な作品のGENTEと合わせて楽しんでもらいたい作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月02日
  • 匿名希望
    鉄板
    作家買いですが、やはり間違いないです!
    絵も美しいし、受の心情描写とかほんとに素晴らしい!
    笑い泣き顔にキュン死しそうです
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年01月02日
  • 匿名希望
    素晴らしい作品
    こんなに引き込まれる作品は久しぶりでした。結末は好みが分かれそうですが、得ることばかりが人生でもないし、逆に失うばかりでもなく、どんなに辛く悲しいことがあっても人は幸せになろうと前を向く強さがあるんだと感じました。出会えてよかったと思える漫画でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月02日
  • 興味ないと言いながら
    中身は性的描写多数。
    ただ、それぞれの話はいかにも「きづきあきら+サトウナンキ」で、ブラックでどろどろした人間関係。性的に萌えるための漫画ではない。エロス目的で買うのはお勧めしない。「きづきあきら+サトウナンキ」らしさは全開なので、この作家性が好きな人向け。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年01月02日
  • ヒロインどこ行った・・・
    良い意味でぶっ飛んだアホな学園ギャグ漫画で大好き。
    でもそれぞれのキャラの恋模様は、ギャグ漫画だからタイミング悪くすれ違いまくりだけど、案外心情描写上手くて、時にほのぼの時に甘酸っぱくて、ラブコメとしても楽しい。
    登場人物がみんな個性的過ぎるので、本来のヒロインとその恋相手の影がだんだん薄くなってしまうのが残念な点ではあるのだが。これ、実質的に主人公は播磨でメインヒロインは沢近だよな?どっちも好きだけど。
    最終巻になって急にシリアスに感動的ストーリーに持って行かれてビックリしたけど。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月02日
  • おしい・・・
    10巻ぐらいまでは純情と気晴らしのバランスがとっても良くて
    成長し続ける相手への気持ちや自分のものにしたいって思いながら
    行為でしか表現できないもどかしさが好感持って読めました
    残念ながら10巻以降はバタバタとハプニング詰め込んでるだけとしか感じられず
    前半★5で後半★1個人的にはそんなところです
    思いっきり期待してただけに前半の流れとブラックラベルを上手く連動させて欲しかった
    • 参考になった 10
    投稿日:2017年01月02日
  • 今月のおすすめ
    いや~ドラマとかになったら面白いだろうな~。私も、麗香役で綾瀬を足蹴りしてみたい!!
    なんて、やっぱり私はSでした。綾瀬はかなりの変態です。シリーズを追うごとに変態度数が上がっていきますので、覚悟して読んでください。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月01日
  • 素晴らしい人間ドラマ
    現代の外科医がタイムスリップして江戸時代末期へ。実際の歴史上の人物も数多く登場し、史実とフィクションが入り混じりながら当時では治療不可能な怪我や病気を治し、人々を救っていく。
    主人公の医学知識も素晴らしいが、それ以上に「医は仁術なり」を地で行く人格の良さに惚れる。いくらでも金儲け出来そうなものだが、むしろ清貧を貫いて庶民を助けるために奔走する。当時社会の底辺であった女郎たちを梅毒から救おうと奮闘する話などは感動した。
    ちょっと終盤特定の人物に肩入れしすぎ歴史に介入し過ぎな感じもあったが、最終盤で序盤に張った伏線を回収して完結していく様は美しすぎた。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年01月01日
  • 知らなかった猟師の世界
    猟師になろうと決意した若者が、狩猟免許試験や銃所有申請を経て、実際に山に入って鳥や動物を仕留め、自分で捌き、食べる、その過程を日記風に描いている。
    猟師というと、山とともに生き狩猟だけで生活しているいわゆるマタギを思い浮かべるが、これを読んでいると猟師もみなそれぞれ本業を持った上で猟をしているのが分かるし、むしろ猟で儲けたり生計を立てるのは難しいという現状も良く分かる。
    スーパーに行けば肉も魚もすでに「食品」として簡単に手に入る今、あえて猟師として山に入って山の恵を頂くことの意味というのがじっくり描かれている。というか、マタギ料理と言って良いのだろうか、山で獲った鳥や鹿・猪などを料理して食べる描写、本当に美味しそう。
    絵は下手ではあるが、あまりリアル過ぎないからこそ獲物を捌くシーンもグロテスクにならなくて良かったのかも。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月01日
  • 世界の終末を願う鬱屈した被虐待児たち
    きづきあきら・サトウナンキらしいブラックでどろどろした人間ドラマ。
    父によるDVで離婚した母子家庭、母からのネグレクトなど問題を抱えた家庭の大人たち・子供たちそれぞれの人間模様。
    それにしても、テーマになっている「ノストラダムスの大予言」、今になってみると懐かしい。その終末をむしろ願ってしまう、子供たちの境遇が痛い。
    胸を締め付ける重苦しい展開も、全く救われないラストも、この作者らしい・・・。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月01日