レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

3301~3325件/11526件 を表示

  • カイジ読んでなくてもおもしろい!
    カイジのキャラクターのスピンオフ漫画ですが、カイジ読んだことない私でもおもしろく読めました!
    カイジの映画は見たことあるのでまったく知らないわけではないのですけどね(・・;)
    気難しい上司の機嫌を伺いつつ部下に対しても配慮を怠らないトネガワの日常ギャグ漫画で
    話をまたいで続く場合もありますが基本的には1話完結型なので、ゆっくり読めます。
    2巻にはカイジのキャラクターであるハンチョウの読み切りが収録されており
    4巻にはカイジの作者である福本先生ご本人がトネガワをかいたお話が収録されてます
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年02月15日
  • 犬 猫 兎 それから?
    無口イケメンとEDチャラ男の話。女の子大好きで口説きまくるのにEDで、ヤれた試しのない根古。ある日の飲み会で酔いつぶれ、交流のないはずの犬飼宅で目を覚ます。…ゴミ箱には使用済みのゴム。誰の?俺の???…!EDが治ったと喜んだのも束の間。犬飼無しじゃいられない。この、《いられない》の描写が、きゅうぅ~!っとさせる。そんなハズじゃ無いのにと慌てる心理にシンクロさせられる。そして無口イケメンの包容力に蕩ける。。。最後に登場したウサギは走り去るのか、寝過ごすのか、亀か狸?が登場するのか?気になるなぁ。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年02月15日
  • アフロ田中シリーズでは一番好き
    『高校アフロ田中』から始まり、中退→上京→さすらい→しあわせアフロ田中と連綿と続いているこのシリーズですが、個人的にはこの『上京アフロ田中』が一番好きです。作者の画力とストーリーの練熟度がもっとも絶妙な印象を受けます。
    内容を一言で言うと、「青年期の葛藤ギャグ」です。主人公の田中はだいたいいつも悩んで考えています。そのほとんどは彼女がほしいという願望と、SEXがしたいという尽きぬ性欲ですが、たまに「近所のおばちゃんの会話はなぜあんなにも内容がないのか?」という哲学的(?)疑問を半日がかりで考え抜いたりするわけです。5巻に収められているこのエピソードは全人類必見です。
    愛すべきキャラ・田中。その魅力はシリーズを通しての圧倒的巻数が証明しているでしょう。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月15日
  • ネタバレあり
    ヤマザキマリの正体が分かる!
    お風呂好き故にテルマエロマエを読んでどハマりした後、ふと「この作者一体何者なんだ!?」と疑問を持ちました。
    古代ローマに関するこれだけの知識、歴史だけではなく生活文化まで知り尽くし、更に古代ローマ文明を描ける画力!
    普通の漫画家では書きたくて調べることは出来ても、背景をあそこまで書き込むことは不可能。描けたとしても繰り返し同じ様な風景を使う為、話が拡大出来ないだろう。
    と、疑問に思っていたら「絵が上手いから漫画家になろう!漫画描きたいから学ぼう!」…ではなく、イタリアできちんと美術を学び、美術には必ず付随する歴史もきちんと学んだ人。更に歴史や遺跡オタクである放浪の画家。
    生活の為に漫画を描くことにした。日本に多くいる漫画家と始まり方が違う。
    そんな彼女が放浪の漫画家になるまでのお話ですが、メインはキューバでのボランティア生活。冷戦が終わりロシアの後ろ盾もなくアメリカに物資を止められ貧しかったとしか知らなかったキューバ。彼らがどんな生活をしていたかまでは知りませんでした。この漫画で初めてここまでのレベルだったのか知りましたが、そこはコミカルに描き、それでも楽しさを見つけ出すキューバの人たちの生き方をメインに描いていますので非常に楽しい作品です。
    キューバの人たちが陽気なのは、陽気にしていなければ辛いからではないかと思わされます。
    オこのシリーズの中で一番の傑作です。多分、ずっと暖めていたのではないかと思います。完成度が高く、よく纏められています。
    続編はエピソードを集めた日記の様な感じでエッセイテイストはこちらがダントツですー
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月14日
  • ネタバレあり
    ある意味、一種の通過儀礼的な別れ
    東村先生の大学受験から作家デビュー初期辺りに重点を置いた自叙伝です。全体的に明るいタッチで日常生活や絵に対する思いについてがメインなので東村先生の作品を未読の方でも充分楽しめると思います。
    ちなみに私自身は元々、小学生の時に「きせかえユカちゃん」がすごく好きだったこともあり読み始めました。きせかえユカちゃんのコミックのあとがきに書いてあった話と作中に出てくる話がかなりリンクしていて、製作当時の裏側を詳しく知ることができます。
    物語は作者のモノローグから始まり高校時代に出会った恩師との8年間について中心的に描かれます。話が進むにつれて悲しい結末を予想させる進み方ながらも、あくまでお涙頂戴の感動的な描き方ではなく、明るいタッチで過去の楽しい思い出話を主軸に描かれているので陰鬱とした雰囲気はなく読みやすいです。
    後半、恩師に対する思いがありながら自分の野望を捨てきれなかった場面や、作者が東京に行った後のやけに淡々としたモノローグは懺悔や後悔の気持ちがひしひしと伝わってきて胸が締め付けられます。そしてそれらは漫画家である作者特有の特別なことではなく、多くの大人が進学や就職、結婚など新しい人生の場面へ進むときに体験したであろう別れや葛藤だから余計に共感し、胸を打つのかもしれません。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月14日
  • 国民的と言うより超大人気と言った方が正解
    国民的と言うのはサザエさんの事が適切で、コボちゃんは超大人気と言った感じ。新聞連載の中でもピカイチな作品であり、子供には安心して見せられるマンガ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月14日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    胸が
    ずっと胸がぎゅーーんとなってました。
    絵もきれいだし目の表情も好きです。ストーリーはオーソドックスですが、桂小町先生のものの中で一番好きでした。2話目のお話もすごく好きです。
    買ってよかったです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月14日
  • 匿名希望
    修正版です
    とても好きな作品なのですが、紙の本に比べかなり修正されています。
    他社で修正されていないところもあるようなので買う前にまず1巻を立ち読みすることオススメです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月14日
  • ひたすら受付嬢の2人を描いているだけなのに
    全編にわたり、ほぼ会社の受付・玄関から場面の移動がないという稀有なマンガです。
    ちなみに絵柄も2人の受付嬢(白雪さんと田中さん)を描いているだけでほぼ固定、おまけに白雪さんの表情もほとんどポーカーフェイスで固定・・・と、一体どこが面白いの?と聞かれてしまいそうな作品ですが、面白いんです。
    特に白雪さんのミステリアスな魅力にやられてしまいますね。吉沢緑時氏の独特な絵柄も、その魅力をいっそう引き立てています。
    騙されたと思ってぜひ読んでみてください。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年02月14日
  • ネタバレあり
    小林さんと普通の世界の人と異世界の生き物の交流
    小林さんという20代中盤の女性が主人公。
    小林さんはある日よった勢いで電車を乗り過ごしたばかりじゃなく山の中にまで迷い込み、そこで傷ついたドラゴンのトールを助けてやり、「これからどうするあてがあるの」と聞いても黙っていたトールに「私のところに来る?」といって同居に誘い、一人ぼっちになったドラゴンのトールと同居する事に。トールは命を助けてもらい、同居まで許して呉れた小林さんにご執心で「メイドをやって」のひとことでガチのメイド生活をして居候をしています。その後同じドラゴン仲間のカンナカムイ(カンナ)が居場所がなくて困っていると小林さんの「友達になろうなんて言わないよ。一緒にいよう、そんだけ」という一言に感銘して同居し、さらには紆余曲折はあったもののイルルも襲われていたところを小林さんにかばってもらって小林さんの家に同居する事に、
    他にも小林さんの会社の上司の家にケツァルコアトル(ルコア)が同居したり、
    小林さんの同僚の家にファフニールが同居したりして
    小林さんの周りは異世界の生物だらけ。
    彼等異世界生物と小林さんとの交流と騒動を描いたハートフルコメディーです。
    たまにほろっとさせる話もあり、絵がみやすく、構成がしっかりしているので、一挙にまとめ買いした5巻まで読み切ってしまいました。
    小林さんの淡泊ながら優しい心根とトールの一途なまでの小林さんへの愛、小林さんの同僚の滝谷の非常に気遣いの出来る性格など基本的に悪い人がほぼいない作品で、どのキャラクターもほとんど好感もって読める点が作品への安心感をより強めています。
    毒々しい作品もいいですが、こういうはんなりした作品もいいですね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月13日
  • 藤島康介氏の描く女の子は可愛い
    「逮捕しちゃうぞ」や「あぁっ女神さま」の藤島康介氏の作品。
    パラダイス・レジデンスという丘の上の女子寮で、そこに住む学生らのドタバタ漫画。
    藤島康介氏の描く女の子は可愛い。それを楽しむための漫画。
    藤島康介氏は、絵は美しいんだが、表情や動作で心情を描くのは苦手っぽいんだよね。どの作品でも、描こうとしている心象と読者が絵から読み取れる物との間に常にギャップがある感じがあり、それが藤島康介独特の作風ではあるんだが、どうしても今ひとつ作品の世界に入り込めない原因はそこにある。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月13日
  • 針小棒大にくだらない話を真剣に
    連載当時はアホ漫画だしダラダラしたストーリーで追いきれないと思い読んでいなかったのだが、単行本になって一気に読んだらめっちゃ面白かった。
    「学校内で悪事を働くと校内に設置された監獄に収監される」。アホな設定の漫画という評価は変わらないし、針小棒大という言葉がぴったりなくらい些細な出来事を大きく大きく膨らませて何話も読ませるのだが、そのアホ設定を熱く真剣に描くというギャップが面白い。くだらないと思いつつ笑ってしまう。
    ついでながら、この作品のタイトルは読みが「プリズンスクール」なのね。最初「かんごくがくえん」と読んでいたら、作品名順に並ばせた時に変な位置に飛んでいたのでおかしいと思い、そこでようやく気が付いた。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年02月13日
  • ほんわかのんびり、時々不思議な出来事
    「ヨコハマ買い出し紀行」の芦奈野ひとしの作品。
    ヨコハマ~の雰囲気そのままでで、緩~い詩的なゆったりとした日常の物語。喧騒から離れた流行らないお店でマスターとのんびり店守り。カメラを首にかけてスクーターでお出かけしたり。
    そして、時々遭遇する不思議な出来事。ほんわかのんびりしたい昼下がりに何気なく開けたい漫画。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月13日
  • トルコと日本との交流を描いた単話漫画
    なぜトルコは親日なのか、トルコは過去日本・日本人の危機に何をしてくれたのか。
    日本人があまり詳しく知らない出来事ばかりだが、「トルコは日本への感謝と友情をずっと忘れていない」ことを日本人も知っておくべきだと思う。
    何度読み返しても涙がこみ上げてくる。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年02月13日
  • 表情が雄弁に甘酸っぱい青春の恋愛模様を語る
    雑誌連載時に見かけた時は、背景もほとんど描かれず人物の顔アップばかりで同じパターンの連続だし、登場人物もウザいノリだし、下手な漫画な典型だなと思って読んでいなかった。
    たまたま1巻丸ごと無料だったのを見かけて読んでみたら、めっちゃ面白かった。人物の顔アップばかりなのは同じなのだが、その表情がコロコロ変わって心情を雄弁に語ってくれる。うぉぉ、何だこの青春の甘酸っぱさ。顔アップばかりなところに逆に惹き込まれた。そして、みんな純情で素敵。
    一人とってもウザい先輩がいるので、どうやら私が雑誌連載時に見かけたウザいキャラというのはこいつだったようだ。うん、確かにこいつはウザい。でも他のキャラのウブな恋愛模様はむず痒くて甘酸っぱくて、こっちが赤面してしまう。
    無料の1巻だけでなく、既刊全巻買ってしまった。だんだんこの作風にこっちが慣れてしまうのか、作者のマンネリか、4巻後半くらいからちょっとインパクトが低下してきたが、3~4巻くらいまでの破壊力はなかなか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月13日
  • さぁさ貴方もどうぞこちらへ
    世界観は分かりやすくされていますが、細かい設定は説明しないで絵で語る、という感じになってます。
    それゆえに、多少は読解力使います。
    頭が回ってなかったりすると、「?」ってなってしまうかもしれません。
    それさえクリアしていれば、力強いキャラたち、コマ割り・ペン使いで一気に圧倒されるでしょう。
    内藤ワールドの門、くぐってみてはいかがでしょうか?
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月13日
  • 分かる。分かるよ…。
    やっぱり彼女欲しいよね…。誰でもいいからとりあえず告ってみようか。
    うん、なるほど。分かる。
    そんな軽い気持ちで告っちゃったから、相手が本気なのか、からかっているだけなのかも分からない。
    なるほど恋愛初心者には手厳しい。
    でも、面白いから読んじゃう。だって主人公の気持ち分かるんだもん…。
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年02月13日
  • 匿名希望
    I'm in love...
    This story is beautiful in every way. So looking forward to the next volume!
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年02月13日
  • 近代までの忘れ物を素朴に
    余りガラではないのですが、追悼レビューです。
    と言うか、谷口氏はこの作品しか読んでいないのですが。
    東京散策に憧憬というキーワードを絡めた久住氏の世界を素朴に描いています。
    余り若い人にはどうってことない小さな拘りを主人公が豊かな表情で追い回しています。
    「く~ねるまるた」や「三丁目の夕日」なんかと通じるテーマではあるんですが、脚色が日常から逸脱しておらず、それだけにかつてあった風景の掛け替えなさを描いているとも言えます。
    淡々と読んでいくと面白くないと思うヒトも居られるでしょうが、コレが面白いと思う人も少なからずなのですよ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月13日
  • オネイはとても男らしいです
    なぜか男に好かれてしまい、トラウマになっている受けと おそらく多分最初から狙っていたと思われる確信犯であり、ドSな攻めのカプです。エロは少なめですが、絵はとても綺麗で受けの泣き顔がキュンキュンします。そして何よりオネイがとてもいい男なんですが、ハイヒールが似合います(笑)。この先まだまだ続くようですので、どのように落ちるかとても楽しみです
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年02月13日
  • 匿名希望
    一番好きな作品
    深見じゅんの中で一番好きな作品です。
    何しろ最初に東京駅から移動する電車が自分の最寄り沿線。笑
    くるみが地下鉄を抜けてから観るキラキラした風景は通勤で毎日見るもの。それこそ生まれ育った時からなずっと馴染みの街。
    閉鎖空間から出て来たくるみには、こんな自分の日常生活の圏内に魅力を感じてくれるんだって新鮮に感じました。
    なぜ、くるみはこの沿線を選んだんだろう…観光で有名な場所以外はそんなに人気のあるエリアではないのに。それがくるみらしいのだろうか。
    何故か「くるみの様に生きたい」と思わせられる作品でした。
    人様から見たらいわゆる「幸せ」ではないのかもしれないのに、幸せいっぱいに感じる内容です。
    最後の最後まで…上手くいかないのに周りに救われ周りを救うくるみの不思議な話です。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月12日
  • 待ってました
    ずっとこの書籍化を待ってました!紙の本と同じで今のところエロシーンの修正はありません。キュンキュンしました
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年02月12日
  • ネタバレあり
    犬を飼う予定がある人は是非読んでほしい作品
    犬が老いて死にゆく様を谷口ジロー氏の独特の丁寧なタッチで淡々と描いています。
    谷口氏の作品にある独特の時間的流れの非常にゆったりしたゆっくりした動きです。
    徐々に弱りゆく犬。
    それを見届けていく飼主夫婦の交流をただ、淡々と描いています。
    老いの前にはどんな治療も努力も無意味で無情にも犬はどんどん弱っていきます。
    ただ飼い主は老いさらばえていく犬を見つめるしかない。
    何もしてやれない非力さにたまらない気持ちになります。
    そして老犬は力尽き最後は死んだのです。
    ところが私の家も未だにそうなのですが、死んだ犬の遺品が片づけられない。
    作者と同じく犬小屋は残されています。
    私の家では何も使ってないわけじゃなく洗濯ものの備品置き場として今も利用されています。
    人間よりも何倍も早くに成長しそして人間よりも何倍も速い速度で老いて死んでいく犬。
    同じ時を過ごしながら決して同じではないそんな犬と人間の関係性を考えさせられる淡々とした作風ながらじんわりと泣かせる名作です。
    これを読んでああ犬がそれでも飼いたいという人がいるなら多分その犬はこの作中の犬と同じように飼い主になるあなたの愛情に感謝して大往生を遂げて呉れる事でしょう。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月12日
  • これは面白いです。
    関西の男子高校生二人が河川敷で過ごす日常が描かれているのですが、かなりおもしろいです。
    映画化もされていたのですがその時は表紙的に青春系なのかなーと思っていましたがこんなにも面白いギャグ漫画だったとは、、、。
    世間話からひろがっていくボケとツッコミや、自分たちで考えた新しいゲームを始めたり。
    時にはアンジャッシュ並のすれ違いを見せつけてくれたり。
    『学生の放課後ってこんなくだんないことやってたなー』というのが想像できて面白いです!
    騙されたと思って一巻だけでも読んでみて下さい
    きっと全巻購入することになるでしょう(笑)
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月12日
  • ネタバレあり
    安定して最高です!
    絵は言うまでもなく最高です。受けの子は妄想エレキテルのシュンペイの様な性格で素直で思ったことがすぐ顔にも態度にも口にも出てしまっていて可愛いです。今回のはいつものねこ田さんに比べるとエロ少なめですが、修正はあまりないし、少なめなエロでも大満足です。
    攻めの人がとにかくイケメンで意地悪。今まだ序章なので今後が楽しみでなりません。
    タイトルの話のみで他読み切りなどはありません。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月11日