レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2951~2975件/11016件 を表示

  • 匿名希望
    ネタバレあり
    やさしい雰囲気です。
    タイトル通り、病気を宣告され入院していた頃の生活が描かれています。
    病気と闘うというよりは、病気と付き合うというような雰囲気で、先生の人柄なのでしょうか、優しい雰囲気のお話です。治療のしんどさや病気に対する想い、家族との関わり、仕事のことなどが描かれていますが、くすっと笑える場面も多くあります。
    私は、最後の数ページでいつも泣いてしまいます。
    悲しくて泣くのではなくて、どうしてそんなに優しいのだろうと泣けてしまいます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月26日
  • 1巻から4巻までは短編集
    紅い牙は1巻から4巻までは1話づつ、5巻は2話収録しています。短編の読み切りはSFチックなラブストーリーが多めでつまらなくはないですが、紅い牙を目的に購入したので余分に思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月26日
  • 今月のおすすめ
    とっても良かったです!!私好みの、幼なじみ物語でした。お話の長さや、テンポもすごく良かったです。この作品ってマカロン文庫なんですけど、ソーニャっぽくゾクゾクさせてもらいました。まぁ、ドロドロなしの純愛なので、マカロン文庫というのも頷けますね。幼なじみ、やっぱり大好物です。こんな彼に囚われてみたい。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月26日
  • ネタバレあり
    あ~、然……
    続巻ものは、待たされるのが好きではなく、
    最終巻だけを読んでしまうことがある私です。
    『人魚ですが抱いてください!』もそうです。
    3巻で完結ということなので、今回購入いたしました。
    鮫男・然はどうなったの!?
    然だって理津が大好きだったんでしょ?
    ず~っとず~~っと大好きだったんでしょ?
    理津が人間界で長く暮らせるように橋渡しをしたらしい然。
    なんだか然も身体的に辛そうだったけど、
    その後、然はどうなったのさ!?
    3巻を読んだだけじゃわかんないよ~(TOT)
    命を危ぶまれていた理津だけど、
    然のおかげでその心配がなくなったらしいことを、
    迅は薄々感づいている。
    でも理津は何も気づいていないまんま。
    何年も経過して迅と理津の間に二人の子供が育っていて、
    何事もなかったかのように幸せに暮らしている場面で終わり。
    え~!? 然は? 然は~っ!?
    「俺、死ぬかもしれないのに?」
    然にそう言われても、理津が迅を選んだ時点で
    然の運命は決まっていたんでしょうね。
    2巻を読めば、然がどういう運命を辿っているのかわかるのでしょう。
    石になっているのか、泡となって消えてなくなっているのか。
    3巻しか読んでいないけど、私は断然、迅よりも然の方が好きで、
    三角関係の末、然が不幸せに終わってしまうような作品は好きではありません。
    然がどうなってしまったのか知りたいけれど、
    購入するのは3巻だけにしておきます。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月26日
  • ファインダーシリーズがどうしても読みたくて
    ただただ秋仁ニャンコが見たくて購入しました。
    アンソロジーは基本的にあまり買わないのですが、どうしても読みたくて...当然全て続きものですし、好きな作家さんは後で単行本買いますし。あと灰崎めじろ先生も好きです。エロくて可愛かったです。秋仁ニャンコは10ページしかなかったですが
    麻見が...可愛かったかもです
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年01月26日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    テンポが良かったです。
    テンポがよく読みやすかったです。
    登場人物が基本的にいい子たちなので、気持ちよく読めます。
    少しエロもあります。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月25日
  • 友情、努力、勝利
    ジャンプのスローガンに沿った王道マンガです!
    作画はワンパンマンと同じ方で書き込みが細かくすごく上手いです。
    W主人公に近い感じでメインはパシり気質の自分を変えたくてアメフト部に入部(ほとんど拉致ですが)した俊足のセナ。
    サブ主人公がアメフト部部長で司令塔のヒル魔。
    主人公サイドだけでなく敵サイドもそれぞれ掘り下げた話があるので面白いと思います。
    よく『勝負のつき方がワンパターン』と言われてますが、そう言われれば確かにそうだなーとは思いますが読んでいてもそんな事思ったことはありませんでした。
    多分魅せ方が上手いんでしょうね。もしくは私が鈍感なだけかもしれませんが(笑)
    私はスポーツ漫画は苦手でほとんど読まないのですが、スラダンとアイシールド21だけは飽きず楽しく最後まで読めました。
    アメフトのことまったく知らなくても大丈夫!
    未だにルールがよく分からないけれどなんとなくで読めます(笑)
    笑いもあるし泣けるとこもありますし本当に面白いのでお勧めです!!
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月24日
  • 匿名希望
    笑い事ではない
    DV、毒親、借金、犯罪、人の死。ありとあらゆる不幸の連続で、例えば有名な所だと闇金ウシジマ君の登場人物よりも遥かに波乱万丈で不幸なはずなのに、全く不幸ぶる事なくハイテンションで綴られているエッセイです。
    圧倒されたりもしますが、所々共感も出来ました。
    とりあえずお父さんが怖いです…
    今なら即逮捕です
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月24日
  • 匿名希望
    うつ病じゃないでしょ。
    終始、旦那さんにイライラします。
    こんな元気なうつ病患者いないでしょ…
    食欲もあって、外車買って…治療もしてないようですし。
    ただ遊んでるだけにしか見えないんですが…
    こんな人と別れない作者さんにもイライラしてきます。
    子供がかわいそう。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月24日
  • 匿名希望
    めちゃめちゃ面白い!!
    個人的に、キングダムと亜人が今一番ハマってます(笑)
    爽快感、ドキドキの興奮、鳥肌の立つカッコ良さ。
    夢中で読み進めてしまいます。
    設定、ストーリー構成もしっかりしていて、次のストーリーの予想が出来ないワクワク感も凄い。
    それぞれのキャラの魅力も素晴らしく、寝る前に読むにはオススメ出来ません。
    興奮して眠れなくなります。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月24日
  • 匿名希望
    イチオシ!
    死んだ人間が手続きをする場所、死役所。
    何となく購入しましたが、これ面白い!
    一話一話が読みきりなので、飽きずに読みやすいです。
    それぞれ死んだ人間のドラマがあり、命の呆気なさ、死んだらもぅ戻れない悔しさ、色々考えてさせられます。
    内容はわりとポップに描いてあるので、ズーンと暗くなる事なく、どんどん読み進めてしまいます。
    そして、死役所役員達の過去が、暗い闇が徐々に暴かれて行くのも非常に面白い。
    • 参考になった 15
    投稿日:2017年01月24日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    萌え
    19で初めて出会った2人が40過ぎになるまでセフレ関係のままくっついたり離れたりを繰り返し落ち着いて行くまでを描いているんだけど、この2人のキャラ設定がいい。この作家さんらしいほんわかで包みつつ程良くリアルで。激しいエロやイケメンの恋愛(一応片割れは元美少年設定なんだけど)を読みたい人には不向きかもしれませんが、心をギュンと掴まれます。愛おしくなっていくカプです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月23日
  • 匿名希望
    年上攻め
    祥勇さんが素敵すぎでした!
    もっと表題作の続きが読みたくなりました!
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年01月23日
  • ネタバレあり
    主人公が不憫…だけど面白い
    男勝りな菜々子が好きな女々しい性格のあきらは、菜々子の家に行ったことがきっかけで実験に巻き込まれ、二人は入れ替わってしまう。普通ならここで二人のラブコメが始まりそうですが、菜々子は男の体をエンジョイして彼女まで作ってしまいます。しかも女になったせいで親友(男)に言い寄られて、あれれれ?…というお話。
    面白くて続きが気になり、一気に読んでしまいました。自分より男らしくなった菜々子に振り回されるあきらが本当に不憫で、応援したくなります。
    不憫ではありますが、決してシリアスな内容というわけではなく、体と心がちぐはぐなあきらの葛藤が面白いです。菜々子の姿をした自分にドキドキし、親友に思わずドキドキし、自分の姿をした菜々子にドキドキし、はたまた菜々子の彼女にまでドキドキ…。誰とくっつくのか最後らへんまでわかりませんでした。
    ただ、内容が内容なだけにハマる人を選ぶ作品かな、と思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月22日
  • 展開構成とも良し、惜しむらくは・・・・で台無し。
    新作キャンペーンと言う事で、そちらの出来に期待が出来たので、まずは原典をと。
    もう30年前の作品だぁ。当時のジャンプ臭(後述)もプンプン。
    ンで、ファンも多いらしくその出来はマァ(後述)なかなかの力量。
    展開がしっかりして無駄なキャラの振りが無く、何より命に対しての「神判」をしっかり描き分けてる。
    (個人的に死や殺しの絡む作品は匙加減が軽いと減点対象なんですよね)
    ただ・・・・・・
    失礼覚悟で言うと、
    この絵は無いです(-_-;)。
    上記したようなジャンプコメディーやギャグのモノならそれでも読めるんですが、
    巧い綺麗の基準より雰囲気が・・・・・・
    上記のよく練られた展開を台無しにして余りあります。
    キャラの設定や味付けもほぼラブコメの方に近いですし、
    う~ん、原作出典が多いのを納得してしまう・・・・・
    (けっして画力云々じゃ無いんですよ(^^ゞメイヨノタメニ)
    描き込みもどうでもいい所に凝ってる割りに本題のスリリングさがどうにも伝わらないし・・・・
    そういう意味でリメイクのほう、(作者には失礼ながら)期待は出来そうなんですが看過します。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月22日
  • 匿名希望
    なぜか応援したくなるw
    今まで読んだこと無いタイプの設定で面白い!
    絵が恐ろしく上手くて魅力的で、乃木が妙にリアルに感じるせいか、現世では絶対DTを卒業して欲しい!と心の底から願ってしまう変な作品w
    • 参考になった 21
    投稿日:2017年01月22日
  • 久しぶりの再会
    2001年、『コミック伝説マガジン』という雑誌の創刊号で初めて出会いました。
    その雑誌の解説にもあるとおり、元ネタは国枝史郎の『神州纐纈城』だろうということはすぐに判りましたが、そこに独自のアイディアを付与しているところが面白いと思いました。
    『神州纐纈城』じたい『宇治拾遺物語』に想を得ているわけですし。
    画力はさすがですね。
    ガロに掲載された作品を観て、水木しげるさんがアシスタントの依頼をしたというのもむべなるかな。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月22日
  • 動物が主役のサイエンスドキュメンタリーが半分くらい
    動物が主役のサイエンスドキュメンタリーと人と動物のホームドラマが半々ぐらいの内容、前者は生態の解説も程よく載っていて興味深く読めたので☆4、後者は人の方が主役になってしまって中途半端な感じで☆2。動物や背景はとても綺麗で見やすいです。動物がるのは1巻だけです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月21日
  • 匿名希望
    設定に無理がありすぎ
    可愛い絵柄だったので途中まで楽しく読んでましたが、
    定時制の子が全日制の子達の入学式で新入生代表挨拶した時点で萎えました。
    そもそも定時制と全日制は試験内容も全然違うので(定時制の方が簡単)
    トップが挨拶するはずの所で定時制の子が出るのはおかしい。
    例え同じ試験だったとしても、定時は定時で入学式があるし、
    登校時間が違う定時の子が全日制の生徒たちの前で挨拶するのはおかしい。
    まぁ、主人公の女の子を驚かせる方法が思い浮かばなくてこういう描き方をしたんだと思いますが、
    粗が酷いと感情移入する前に気持ちが萎えるので、読み進めようと思いません。
    絵は可愛いのに残念でした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年01月21日
  • 匿名希望
    面白いです
    レゴシの所作に萌えを感じてます。
    世界観、ストーリー面白いです。
    今後の展開が気になります。続き早く読みたい!
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月20日
  • ネタバレあり
    成長とともに
    私が小学生の頃に読んでいた漫画です。
    中学生くらいから読まなくなりましたが、大人になった今、電子書籍という形でまた出会うことができました。
    最初あたりは、蜜柑が学園のあり方に反発をしながらも、持ち前の明るさで仲間と乗り切っていくというストーリーになっていますが、成長とともにシリアスな展開になっていきます。
    シリアスに突入した直後は、ずっと明るい青春学園漫画でもよかったとも思っていたのですが、最後の最後、本当に泣けました。
    笑いあり涙ありの漫画です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年01月20日
  • 「ヒロイン=シリアルキラー女子高生」の妖しく美しい魅力
    一言で言うと、とにかく殺戮を繰り返しまくるエログロサスペンスです。描写はかなり過激な分類に入るので、読む人を選びます。
    ですが、グロ&スプラッタ描写の中でひときわ光り輝くのが、ヒロインであり、シリアルキラーでもある真城 舞の妖しく美しい魅力。善か悪かを通り越して、もう彼女の殺戮(活躍)を見たい、ただそれだけのために全巻一気に読んでしまいました。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年01月20日
  • 酒呑みならおわかりいただけるはず
    大勢での飲み会も嫌いじゃないけれど、一人での居酒屋呑みもたまらなく好きという方。
    酒と酒のつまみをこよなく愛する方。
    もし『ワカコ酒』をまだ読んでいないとしたら、非常にもったいないです。
    酒呑みの気持ちを代弁してくれているかのような、主人公・ワカコの心の声に毎回シンパシーが止まりません。
    一話一話が短くて手軽に読めるので、スマホにダウンロードして「一人居酒屋呑み」へ繰り出すのも大いにアリでしょう。
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年01月20日
  • 期待はずれかな~
    まず始めにお断りしておきますが、土山しげる先生のファンです。
    原作もドラマも観ていないことをご了承ください。
    土山先生の絵は丁寧で、特に食事のシーンや、食材の精細なところが好きなのですが
    いかんせんストーリーがない。
    ある意味江戸時代のノンフィクションであるとは思いますが
    全く引き込まれないため一巻の途中で読むに耐えなくなりました。
    もうこのシリーズは購読しません。
    原作を知らないため本書との比較はできませんが、
    土山先生がこれまで描いてきたドラマチックなメシマンガとは一線を画します。
    別物として認識された上でのご購入をおすすめします。
    原作やドラマが好きな方には、とても素敵なマンガなのだろうと思いますけどね。
    私には合いませんでした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年01月20日
  • 親しみやすい歴史系TL小説
    はじめは独特の文体とやや複雑な戦争描写に戸惑いましたが、いちど世界観に入り込んだあとは楽しく読めました。ラブシーンはTLにしては濃く無理やり感強めです。たくさん出てくるキャラそれぞれに個性がありとても面白い作品でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月20日