レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2851~2875件/11495件 を表示

  • マンガ大賞2017受賞おめでとうございます! タイトルを見て「どうせなるには的な内容か、高校生が小説家になるサクセスストーリーみたいなやつでしょ」そう思って読まず嫌いしていた自分を拳で5発ほどぶん殴りたい。これはそういうちんけな言葉にまとめられるような作品ではございません!
    物語は響というの圧倒的な才能を持った高校生の少女が、新人賞に小説を投稿したところから始まります。文学界に閉塞感を感じている編集者に、書きたいことがなくなった作家。彼らは響の才能を前にして何を思うのか、そして響は文壇にどんな影響を与えるのか…。中でも才能はあるけど響ほどじゃなくて、努力してるけどそう思わせないリカ(響の友人であり文芸部部長で有名作家の娘)と響の対比が個人的に一番の見どころですね。破天荒で常識外れな行動を繰り返す響ですが、好きな作家に握手を求めるときは普通の女子高生っぽくミーハー心が見えてかわいらしいです。これは本当に読んでよかった…。読むきっかけを与えてくれたマンガ大賞にはもはや感謝しかありませんね。
    • 参考になった 15
    投稿日:2017年03月31日
  • 優しい男と思って結婚したら夫は頼りなくて、モラハラ義母、意地悪な義姉に子供を取り上げられてしまう始末…。この漫画で描かれている結婚生活は孤独で苦しい。これだけ聞くとただの胸糞悪い話に聞こえますが、『グッドナイト』はそれだけでは終わりません。義母も姉も、いろいろあってこうなったんだというのがリアルに(その分嫁いびりもリアルですが)描かれていて、涙をこらえるシーンも。義母と姉が嫌なキャラであることに変わりないですが、大嫌いな人にもその人の人生があるんだ、とハッと気づかされる。そんな作品です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月31日
  • 京都の春夏秋冬を背景に、天真爛漫な黒髪の乙女と、一途で間抜けな先輩が織りなす青春恋愛物語です。連続した4つの物語で構成されています。春の夜の冒険、夏の古本市、秋の学園祭、そして、風邪が猛威をふるう冬の京都。乙女と先輩が交互に語り手となって進行していきます。レトロでテンポのよい独特の文体で、現実離れしたいろんな不思議なことが起こりますが、読みやすく先が気になる展開なので、ぐんぐん物語世界に引き込まれてしまいます。

    先輩は、大学のクラブの後輩である黒髪の乙女に一目惚れしたのですが、直接恋心を伝えることができず、外堀を埋めるような行動しかできません。すなわち、彼女との「偶然の」出会いを頻発させることで徐々に距離を縮め、やがて、運命の赤い糸で結ばれているのでは? と思わせようとしたのでした。

    ……なんて書くと、ただのストーカーのようですが、この物語のファンタジックな世界観と、先輩の間抜けなキャラと、何度先輩と「偶然」出会っても「奇遇ですねえ!」という乙女の天真爛漫さによって、楽しく読み進めることができます。

    乙女と先輩のすれ違いっぷりが魅力なのですが、他の登場人物たちの個性も面白い。絢爛豪華な三階建ての乗り物に乗り、偽電気ブランという酒を人々に振る舞う李白翁、酔うと人の顔を舐めまくる癖のある羽貫さん、自らを天狗と名乗り空中浮遊の術を使う樋口さん、恋の願掛けのために同じパンツを履き続けて下半身を患うパンツ総番長、などなど。

    この物語を読むときは、理屈で考えるのはやめましょう。荒唐無稽なことも含めて、この世界観を素直に受け入れ、浸り切ることです。人が天狗のように空を飛んでも、夜の先斗町に突然三階建ての絢爛豪華な乗り物が現れたっていいんです。そう思えてしまうのは、森見登美彦さんの抜群の筆力はもちろん、この物語の舞台である京都という街の持つ魔力のせいかもしれません。

    果たして、先輩の恋は成就するのでしょうか。星野源さんが声優を務めることでも話題の、本書が原作のアニメ映画は、2017年4月7日(金)に公開されます。映画を観る前に、ぜひご一読を!
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月31日
  • 今ダントツに面白い漫画!
     文句なく、今読んでいる作品の中でもダントツに面白い漫画です。
     主人公の「響」は、破天荒と言うしか無いような言動と行動を取るのですが、そこには終始一貫した自身の心情があって、その行動には共感すら感じさせてしまうところが凄い。
     そして、共感があるからこそ、その行動に爽快感を感じるようになり、気付けばどはまりしていた自分がいました。
     これからも「響」の行動から目が離せません!
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月30日
  • 笑いあり、胸キュンあり
    前から気になっていて、今回割り引きだったので購入。
    お客さんの笑顔見たくて、一生懸命ホストして、裏切られて傷ついて、所詮ホストって言われて。開き直りの憎まれ屋になりました。攻めは、それでもそんな受けが好き。全部受け止めたい。人は愛されると、愛することができるのだと思う。受けがカワイイ胸キュンして萌えます。エロも多いです。丸っと表題カプのお話でとても良かったです。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年03月30日
  • 超シブいのに…
    ハードボイルドなタッチで描かれる未来漫画。
    主人公はシブくてそのまま進むかと思いきや周りのキャラがそれを許さず、
    それがまた良いアクセントになって主人公に共感してしまいます。
    全身を改造したサイボーグの話はよくありますが、
    顔が銃でハードボイルドキャラっていうアイディアに脱帽。
    これからどう進んでいくのかとても楽しみ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月30日
  • 匿名希望
    ごめんなさい
    これからは、不精せずきちんと立ち読みしてから購入しようと思いました。
    イラストだけで決めてはいけないね。
    まるっきり文章が合わなかった…。これはもう、本当相性とかそういうものだと思いますので、
    ☆落として申し訳ないですが。
    でも、キャラクターの外見描写と言動とに乖離が見られるのだけちょっと指摘したくなりますね。
    地味顔キャラだと言動と地の文で思わせておいて思いのほか良い見た目っぽいし、
    美形の孤高系天才謎キャラと描写しておいて陽気なオネエな言動ってどうなんだよ、とか
    読み進んで行く上でガタガタガタっと気を削がれる流れが多かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月30日
  • 匿名希望
    間違いない!
    続きがあったと知り購入、海外編も最高!電子書籍であってよかったです。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月30日
  • 匿名希望
    受けも攻めも絶妙
    主人公と家政夫のまだ恋が始まらない微妙な距離感と主人公の相手が男なのに引かれてしまうのはなぜなんだ感がすごくかわいいです。今後、どう展開していくかすごく楽しみです!!
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月28日
  • 想像と違ったけど面白い
    ます表紙の印象で主人公が軍人っぽいからバトルや冒険の話かな?と想像しました。
    ネットで調べてみるとギャグ漫画なのかグルメ漫画なんかさらによくわからなくなってしまって思いきって買ってみたら確かにグルメありギャグありバトルもありの漫画でした(笑)
    本筋は、幼なじみを助けるために大金が必要な主人公がたまたま死刑囚が金塊を隠したという話を聞いてそれを求めて旅(?)するお話です。
    その過程でアイヌの女の子アシリパと出会い、狩りを教えてもらったり、獲った動物をアイヌ流に調理して食べたりします。
    本筋のお話の時はシリアスが多く、結構グロい描写もあります(顔面をべりっとはがされたり)
    逆にグルメパートになると途端にギャグ風になって笑えます。
    普通に美味しそうな料理もあれば、「え、それ食べるの?」みたいなのもあります(笑)
    本筋の話もちゃんと進んでいてなかなか進展しないな~という感じもいまのところないのでさくさく読めてお勧めです!!
    マンガ大賞とっただけのことはありますね~!!
    • 参考になった 12
    投稿日:2017年03月27日
  • ストーリー重視でエロも充実しています
    「続きはまた夜に」のスピンオフです。感動しました。ストーリーがしっかりしていて、なおかつエロも充実しています。刑事ものですが、事件捜査にしか興味のない刑事と訳ありパートナーのカプです。ある事件をきっかけにパートナーに異変が起きました。事件の謎解きとトラウマとの戦いです。この作家さんの作品の中で断然1位になりました。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月27日
  • 本当に好きになっちゃうわ
    絵のラフさが比類ないレベルで、商業コミックでこれが許されるんだろうか、などと考えていたのなんかはるかムカシ。
    美味しいご飯ネタやオシャレな食事場面もたくさん出てくるのに、皿の上にはかろうじて線描きの何かが乗っているとわかるのみ。お話によってはその皿の横に手書きで品名が書かれて、なんの食べ物か説明されている有り様だし。こんなマンガが商業化されてるってどういうこと?
    ……とかはもちろん思うけど、なんかもうそんなこと別次元でどうでもよくなります。
    皿の上の食事はなんだか判別出来ないのに、主要人物2人のきめ細かなそして極上な描写、毎回業種の違う専門職が出てきて展開される臨場感ある世界観、主要人物以外の大半の人物が目鼻も描かれないのに、犬が出てくれば全身リアルな躍動感のある姿に。
    今回のお話は、読んでるうちに好きになっちゃいますよ。
    レロレロのラブストーリーに突っ込んでいけます。
    次の新しいご本が出るまで、えんえんリピートして読み続けます。
    オススメです。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年03月26日
  • 面白いですね〜
    珈琲にまつわる大人しめでウィットな漫画かと思いきや、
    破茶滅茶な設定もあり楽しく読めました。
    勿論ウィットな内容の物語も楽しく、力のある作者だと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月26日
  • 静かな物語
    穏やかに色々な思惑を含んで進んでいく物語。
    ストーリーに似つかわしくない三頭身キャラがオノナツメらしい味付け。
    ACCA13区程の派手さはありませんが、好きな人にはオススメです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月26日
  • 王道のジャンプ漫画
    あちこちで見かける王道の文字通りの王道のジャンプ漫画。
    絵柄は上手いし、キャラもそれぞれが確立されてるし、
    会話も面白いし、ストーリーも伏線が張られていて今後が楽しみ。
    ブリーチやワンピースの良いところを上手く取り込んでいます。
    一つだけ気になったのが、あまりにも子供っぽいところ。
    それがジャンプ漫画と言われればそうなんですがね。
    これからどのように変化していくのか気になります。
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年03月26日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    ほんわか感動
    ほんわか系BLです。キス以外の性的描写はないけれど、この題材の品質を落とさないためにもそれで良いと思います。私は感動して泣きました。
    『別れの時は一緒に痛がろうぜ』このフレーズがグッとキマした。愛することの怖さ、失うことの痛さを思うと耐えられない主人公。このフレーズが彼を救ったんですね。素晴らしい作品だと思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月26日
  • 愛が溢れてとまらない
    きゅんきゅんしながら楽しく読めました。
    この時代設定に合った美しく個性的な絵柄で、ストーリー以外も魅力的です。時代モノがお好きな方にはたまらないんじゃないでしょうか。
    ももがかんわいい。卍の事が大好き。卍と出会う前のエピソードが出てきますが、健気で切なくなります。むっちりボディがいいですね。卍もまた、ももの事を愛しているのがよ~く分かる。格好いい。ふたりが出逢えて良かった!
    お色気シーン(エロと言うにはなんか違う)もあるよ。
    時々、絵とシンプルなセリフ(江戸訛り)だけで状況を把握するのが難しく感じました。私の理解力の問題かもしれませんが。
    とはいえ、どうやら続きがあるようなので嬉しいです(1巻目だけでも楽しめます)。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年03月25日
  • BL脳腐男子くん、笑えます。
    出会いは下宿先。腐男子のお友達が出来て喜ぶ幹くん。曽我部さんは実はとっても内気なゲイ。1巻目はチューだけです。2巻目は色々男同士のナンタラが始まります。BL大好きな攻めはとてもピュアな曽我部さんに、キュンキュンします。そして実践。腐男子の脳内が垣間見え面白かったです。腐男子≠ゲイなんでしょうが、関心があるのも事実なんでしょうね。とにかく受けはとても純粋でカワイイです。カッコイイ攻めを目指す腐男子くんの努力は続きます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月25日
  • 匿名希望
    楽しめました
    小学生のころ楽しみにしていた作品が、このような形で再びお目にかかれて最高でした。キャラもテレビ版と好感が持てたこと。適度にお色気ありといったとこも楽しめました。ただテンポが早すぎてもう少しゆっくりと流れを組み立てても良かったように思います。アニメでもマジンガーZとグレートマジンガーとの力の差を見せつけられた最終回からグレートマジンガー終盤に駆け付けたマジンガーZがとてつもなく強くなったこと。Z・グレート・グレンダイザーとの身長差など採り上げて欲しかったな~
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月25日
  • 匿名希望
    最高!!
    ヤンキー受け好きにはたまらなかったです!!!
    あのツンとした顔を歪ませるの最高ですし、そんな最高な絵とお話をかける先生に感謝です!!
    もう続きが気になって仕方ないです!
    楽しみにしています!!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月25日
  • こいつらに受験任せて大丈夫か(-_-;)?
    「く~ねるまるた」の高尾氏の世界観爆発です。
    取り敢えず1巻と立ち読みだけ読んだんですが、
    いずれ全部買います。
    何の気なしに買った参考書から家庭教師が出現というファンタジー。
    この家庭教師がもう私情丸出しで入れ込みの押し掛け指導。
    四六時中のつきっきりライフサポート!
    ま、
    コレがヤローの主人公となら最近流行のエロ萌え路線なんでしょうが、
    女性同士の男子禁制な百合気味という所がツボ。
    だから主人公も辟易・・・・1巻ではことごとく帰れ!コール・・・・
    また各教科のエキスパートの妖精さんもまんじゅうが目当てだったり、ソレで無碍にされたから仕上げた宿題を消すとか・・・・・
    ありえんでしょ(^_^;)?
    また主人公側の『家族』も曰く付きで誰が居るのかさえ把握し切れていないという無軌道振り・・・・
    でも「まるた」を読んでるせいか「破綻」しなさそうなのは期待(^_^;)。
    キャラの展開だけで腹一杯になれそうです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月24日
  • 題名に偽りあり!・・・・?(ぉぃ
    別の同誌コミックと一緒に買ってレビューが遅れました。
    一緒に読んだんですが、
    ・・・・・・・・・・・・
    違和感が拭えなかったんですね(-_-;)。
    ま、
    カワイイ描画に優しい展開に、読んでて面白いとこもある。
    なのに引っ掛かるのが、
    「ぼっち」
    と言う題名の単語。
    マァ、
    「?」
    も打ってますからコレを嘘偽りと言うには厳しいんですが、
    全然「ぼっち」の話じゃないんですよね、コレ。
    主人公が被害妄想に陥ったかのような表記。
    内容はもう賑やかで慕われて(腹の黒いのも居ますが根は善者)、
    なにが不満なの?とさえ返したくなる。
    あ、
    解るよ、
    要らんトラブルに巻き込まれ通しなのってのは。
    ただ、「鬼が出るか~」のほうの意固地と比べてもこちらは全く悲壮感や被害者感が無い。
    と言う訳で、
    題名でちょっと複雑な気になる作品です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月24日
  • サスペンス劇場へ
    面白かったです。
    設定と構成さえ決まれば8割から9割がた成功、というタイプの作品です。
    この構想が固まったとき、作者は高揚したのではないでしょうか?展開がお見事です。
    こういうと、ファンの方やご本人に嫌がられるかもしれませんが、
    男女であったら、二時間ドラマの脚本に行けるのではないかと。
    あっ、でもBL部分も充実しておりますので、ご心配なく。
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年03月24日
  • ネタバレあり
    2015の書き直しですね
    以前に1巻だけ当サイトで販売されて、今では販売中止されてしまった「サラリーマン金太郎2015」のリメイクですね。
    続きが読みたかったので「待ってました!」と購入しましたが…
    ところどころ、前作と比較するとフキダシの中のセリフが変えてあったり。
    どうも、現実世界での某電力会社から圧力がかかったものと推測します。
    金太郎も本宮先生も大好きです。
    続きを楽しく読ませて頂きます!
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月24日
  • 匿名希望
    可愛いおじさま
    未散ソノオさんのファンで作家買いです。
    ただ、おじさま受けだった「ko-boku 」だけは萌えきれず、自分の萌えツボではないのだと思っていました。今回もかなりの年の差の年上受けだったので正直不安だったのですが、まあ、可愛い。
    受けの先生が紳士で、知的で、とにかく素敵、かつ可愛いらしく、理系無自覚イケメンの攻めが先生にぐんぐん惹かれていってしまう様子に引き込まれました。
    好きを自覚してからの攻めも男前で、まさにお互い「好きになっちゃうよ」なのです。おじさま受けに開眼したのではなく、あくまで未散ソノオさんの描かれたこのお話がとても魅力的だと思います。文句無しに星5つ。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年03月24日