レビュアー種別
  • レビュアー種別
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

2826~2850件/9756件 を表示

  • 匿名希望
    ネタバレあり
    包まれたいほどの愛
     医師というと、手ほどきが優しいイメージがあります。そのイメージと違わず、またそれよりも少しだけ強く、相手の無理のないような動きをしてくれる富樫は素晴らしい人だなと思いました。それゆえに広己が頑張って受け入れようとする……もうね、それだけでそそられます。
     どんな困難をも乗り越えようとする二人の物語は、ロマンチックながら胸を締めつけられる部分もあり、素晴らしい者でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    愛のある甘さ
     一線を越えてしまうと、どんな相手だろうと意識せざるを得なくなる。大人になって恋に落ちることはあっても、身体が先の恋愛が多くなる……現代社会を色濃く反映させているような作りはリアリティがあって、楽しかったです。
     また、友人同士のような掛け合いの中にある、愛情というか慈しみというか。二人の関係性の深まりにもグッと引き込まれてしまいます。
     最初はあんなだったのになー……今じゃこんなに――そんな相原と本城が愛しくて、とろけてしまいそうな気分でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    とろける美しさ
     逆らえないのは、兄ゆえの罪悪感のためか。それとも――
     何とも言えない欲の渦へと呑み込まれていく青華を見ているとゾクゾクしますが、それを強引に導いていく朱牙の俺様感には痺れてしまいますね。ああ、こうして男の味を教えられてしまうんだと思うと、いやらしい笑みが止まりません。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    とろけてしまえ
     同期ながら力関係が成立している二人というのもそそられましたが、それ以上に強気な夏目を組み敷いていく構成がすごく好きです。強気キャラというのは猫にしてなんぼですものね、興奮してしまいます。
     そして、強気な子ほど、恐怖に敏感。痛みに鋭敏であり、周りに自分を強く見せていないと不安で仕方のない人が多いです。その特性も相成って、濡れ場をドキドキしながら読んでいました。
     夏目の話を聞かず、強引に進める梶山にもっとやれと心の中で囁いていたのは秘密です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    とろける夜
     甘さにとろけてしまいそうですね。生徒×教師というジャンルは多くありますけれど、ああこれはひどい。私の胸を満たしてやまない……。
     頑張りたくなる。自分を見つめる彼のためになら、なんでもできる気がする……愛って、恋って、そういうものですよね。恋する熱を思い出させてくれるそんな一冊。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    恋を、した
     社会人が学生に無理やりに犯される。……強引な弟に、なすすべなく犯されていく兄……普通なら立場が逆のようなシチュでも、逆転されてしまうと途端に興奮を覚えてしまいますね。いつもは上からものを言うくせに、ベッドの上ではにゃんにゃん鳴くだけになるギャップのような。素晴らしい。
     しかも受け側の一人称であるのが、そそられてしまう。攻め側よりも、受け側の心情が見えることで、こちらが攻め手の気分にもなれる……良かったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    ああ、美しい……
     前巻に続き、甘さは然ることながら、過去を知ることで段々と二人の関係が深く、這いずり出ることのできないところまで落ちていくのがドキドキしてしまいます。
     奈月の壮絶な過去を受け入れ、憎悪し、立ち向かっていく一己の背は凛々しいものであり、そんな彼に愛された奈月は幸せ者とも思えます。最後、決意と結果を示す二人の行く末を思い浮かべると、少し涙も滲んでしまいますね……。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    包まれたい甘さの中に
     なんというか、初々しさがたまらないですね。ぎこちなさというか。
     愛し合うに際しても、一人称であることが感情の昂りや落ち込みを表現するのに一役買っているかと思います。
     密愛のような夜伽の時間が二人のロマンチックな雰囲気を助長しているようで、読んでいて心地よい時間を提供してもらった気がしました。ありがとうございます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    包まれてとろけたい
     香りをテーマに使っているだけあって、濡れ場でもお互いの香りを嗅ぎ合うシーンを使っていたりするのは、使い古された体位のマンネリ化を防ぐ手立てとしてとても有効だなぁと思いました。
     花も、香りも。そのどれもが可憐で、華美に描かれる物語はロマンチックで、一息には読みきりたくないなぁという感覚にさせられました。よかったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    包まれたい
     センチメンタルでありながら、それが逆上していくさまは読者に強く訴えかける何かがあります。離れられなくても、完全に混ざり合うことができない。二人の複雑な関係性が色濃く表現されていて、かつ後半の流れには胸が締めつけられる想いになりました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    素晴らしい関係性
     間断なく、槙瀬を想う昭洋を突く水野。二人の関係がこじれ、交わるまでに至るまでのストーリーはじんと胸にしみわたります。そして、忘れろと口にする水野の声が直に耳に響くようで……んん、蕩けそうでした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    主将かわいい~
    あまりストーリー性のない、エロだけ追求した漫画かな?と思って読み始めましたが、やっぱり魚さんの書くキャラはみんな可愛くて、読んでてすごく楽しい気分でした♪
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    素晴らしい
     丁寧で細かな描写によってリアルに場面が想起でき、また榛名の表と裏、それを見つめる宮保の心情が胸を締め付けます。
     チーム制のスポーツだからなおのこと。胸に渦巻く想いを隠し通せるわけがなく……走ってしまうのは男の性でしょうかね。素晴らしかったです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    息を呑みます
     心の揺らぎ、妄執のような劣情の高まり、友愛は愛欲へと変わる……精緻で卓越とした心理描写の中、ロマンチックな雰囲気に加えて悲しみや慈しみが垣間見え、読んでいて胸がきゅっとしましたし、読み終えて、よかった、と息を吐かされます。特に最初のなつまつりがよかったかと。
     直接的ではないからこそ、想起させる工夫が上手いです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    いい!!
    絵が素晴らしい、とにかくポージングも正確さも素晴らしい。表情が良い。
    ストーリーもとても良かったです!
    良いラストでした!
    ところどころのボケも面白い。
    キャラもみんな良かった。。。泣
    「良い」ばっか...w
    おすすめです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    略奪婚っていいよね
    不倫とかではなく、花嫁がさらわれる方の略奪ね。異常な状況下で少しずつ惹かれあっていく二人。そしてそんな彼らに襲い掛かる陰謀。
    結構楽しんで読めました。話は良くも悪くも王道な展開。ゆえに可もなく不可もなくで。評価は三といったところでしょうか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    私は好きでした
    絵が好きで、表題作も好みっぽかったのですが
    低めのレビューが書かれててちょっと購入を躊躇していましたがやっぱり購入!
    1話でも好きな作品があれば良いか、くらいの気持ちで読みました。
    表題作が一番好きですが、他の2話も怖れていたほど悪くなかったです。
    エセSFと書かれていましたが、アンドロイドという設定を除けば前世で恋人になった人と
    生まれかわってもまた逢いましょう!というお話…平たく言えば。
    気持ちとか感情の表現を大事に描かれる先生なので、
    他の作品が好きな方はこの1冊もきっと好きなんじゃないかなと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    My favorite book :-))
    Lion King is very cool! I had loved him!!! :-) 
    Exciting and interesting story. I Although Japanese is not good, I will read at once the dictionary in one hand.
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    ハッピーエンドを期待して
    宮廷画家の元で育てられ、自分が女性という認識のない宮廷貴族の長女・アンジェは、裸で湖で泳いでいるところを王子に見られて濃厚な愛撫を受けること に・・・。アンジェの女性という認識がないというのはあるのだろうかと思いましたが、ストーリーの中ではそれが面白味をもってきていました。アンジェに興 味を持った王子の花嫁選びがどう進んでいくのか、ハッピーエンドを期待して読めました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    うらやましい!
    頭では理解できても心では納得いかない愛もあるんですね。本当のフィアンセは王で、彼のことは尊敬もしているし、愛してもいます。でも、もう一人、王の騎士も気になって仕方がないのです。この作品の姫はそんな自分の気持ちに正直に向き合ったと思います。少し欲張りではないか? という気もしますが、王と騎士もお互いに納得済みでこんな関係が成立して見事にハッピーエンド。うらやましい三角関係でした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    双子の悩みがいっぱい
    双子の悩みと相続問題がネタの作品でした。ウィリアムとブラッドリーという双子の公爵から愛される伯爵令嬢アンジェリカは、第一子に生まれなかったブラッドリーの暗い野望に気が付き、自分も侯爵家の相続争いに巻き込まれたのを知ります。優しいアンジェリカはどちらも選べずに、折衷案を出しました。これがグッドアイデア…いや、確かに、TLでは当然かもしれないアイデアですね。双子の場合の相続問題と現実的な問題が取り入れてあり、妙にリアル感がありました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    牢獄でエッチなんて・・・
    幽閉された牢獄の罪人との淫らでエッチづくしのひと夜。罪人が王子であったため、いつしかそれが本物になって、牢獄でなくて王宮で夜な夜な結ばれることに…。なんだか出来過ぎたストーリーですが、TL小説として読むなら、スリリングで十分面白い作品だと思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    姫の不運はやがて幸せに
    未来をみる不思議な力を持つ姫クリスタルは、その力があるために、普通の結婚ができないでいました。クリスタルと同じ力を持つ母はクリスタルの先行きを案じて、褐色の肌の騎士アレクシスをクリスタル専属のナイトにします。不思議な力が取り持つ縁でクリスタルとアレクシスは愛し合いますが、強烈な横恋慕が入って来るという内容。この作者さんにしては過激なHシーンがあり、内容的にもユニークな作品だったと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    2人の関係は「姫さん」「ダンナ様」
    王女が国の窮乏を救うために商人の元へ嫁ぐお話しでした。白薔薇王女と呼ばれるほど気品ある美しい王女シェリナですが、夫となった商人ルフトの理不尽な人柄や不器用さ、無骨さに、この結婚本当に大丈夫? とハラハラしました。でも王女の旦那様を純粋に慕う気持ちがルフトにも伝わって、最後はハッピー。よかった、よかった。王女と商人ですから、「姫さん」「ダンナさま」と呼ぶ二人の会話はなかなか面白かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    仮面で隠す素性と愛
    主人公2人の出会いは舞踏会。ひかれあった二人はその日のうちに結ばれて結婚の約束までしますが、その後彼からの連絡は途絶え、数年後仮面舞踏会で彼そっくりの人に出会ってしまった・・・。素性も顔も、仮面で隠して触れ合う仮面舞踏会は、スリルもあり胸をときめかせるロマンスへの期待もあります。この作品でも、ここをきっかけに巻き起こるロマンスは、期待通りのミステリ―を含んで、面白かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日