レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

251~275件/11353件 を表示

  • アジアの「人類模様」は、目もくらむほど多種多様だった。
    DNA解析の技術などが進み、約700万年前に遡る人類初期の歴史は、徐々に解明されつつある。だが、今なお真実を見きわめるのが困難な巨大なミステリーがあるのだという。それが本書のテーマだ。かつて、とくにアジアには多様な原人が生きていたのだが、現在の「我々」、すなわち現生人類ホモ・サピエンスは、人類学的には「均質」の種である。多様だった人類は、どこに消えたのか。本書では、人類進化学者の海部陽介氏によるものを中心とする最新の研究成果をもとに、アジアの人類進化を辿った後に、その謎について考察。我々の文明の行く末にも関係する、ある仮説にたどり着いている。著者はフリーランスの文筆家。日本テレビ報道局で科学報道に従事した後に独立。これまでに小説、ノンフィクション、科学書など多ジャンルの著書がある。なお、ダイジェスト本文中の引用符内の発言はすべて海部陽介氏によるものである。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2018年08月30日
  • まことの保守思想を語り尽くす、大思想家・ニシベ最期の書!
    混迷をきわめる世界情勢。そしてその中で自らの立ち位置を定め切れているとは言い難い日本。そうした状況を打ち破り、未来への道筋を見出すのに「保守」の思想は何ができるのか。そもそも、本来の「保守」とはどうあるべきなのか。本書では、保守派の論客として50年以上にわたり活躍してきた西部邁氏が、「真の保守とは何か」を説きながら、日本が抱える諸問題の本質に斬り込んでいる。右腕の神経痛のために口述筆記によることになった本書は、「最後の著述」との覚悟のもと書かれており、西部氏の思想の集大成でもあるラストメッセージである。著者は、元東京大学教養学部教授で、秀明大学教授・学頭を歴任。テレビ番組『朝まで生テレビ!』などにも出演し、2017年10月まで雑誌「表現者」顧問を務めた。2018年1月21日、「自裁」を選び逝去。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2018年08月30日
  • なぜ、絶望的なリーダーを選んでしまうのか。
    全世界に衝撃を与えた2016年11月の米国大統領選挙の結果を受け、2017年1月に共和党のドナルド・トランプ氏が米国第45代大統領に就任してから1年が経過した。米CBSテレビが2018年1月18日に発表した同大統領の支持率は37%。ロナルド・レーガン第40代大統領から数えて歴代最低の数字となった。この1年間、政権内人事は混乱を極め、米国経済は好調なものの、とくに目立った成果を上げられていない状況だ。本書では、大統領候補としてトランプ氏を選出した共和党の予備選挙から米国全土を回り取材したジャーナリストが、選挙戦の推移を追いながら「トランプ現象」を出現させた米国社会の変化を解き明かしている。著者は雑誌『ローリングストーン』の人気辛口コラムニストとしても知られる米国出身の作家、ジャーナリスト。なお、本書では、邦訳にあたり著者が『ローリングストーン』に書いた、選挙後についてのコラムを追加収録している。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2018年08月30日
  • 匿名希望
    ストレス社会を生き抜くために必要な作品
    昔、単行本で持っていましたが、社会人になったので再び購入しました。人類に早すぎる漫画だと常々思っていましたが、何度読んでも意味が分からなくて楽しいです。亀ラップが有名ですが、私はボンタンを投げるの件が好きです。 人間関係や勉強に行き詰まった時、何度この作品に助けられたか分からないです。この漫画がなければ、鬱になっていたのではないかと思います。今でも時折読み返して、メンタルリセットをしています。読む抗鬱剤です。お酒が入ると最高に良く効きます。 巻数もそこまで多くないので、まとめ買いをオススメします。最高に面白い漫画です。是非皆さんも読んで下さい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月29日
  • 匿名希望
    感動しかない
    伏線の張り方が天才的
    かといってそれを押し付けるわけでもなく
    ごくごく自然に仕込んである
    それはまさに和食の調理の如く
    人間味溢れる色彩に
    感動しかない
    これだけの作品ゆえに
    いつかは綺麗な結末をしっかり描き記してくださるのだろうから
    いずれこの幸せな世界とのお別れが来てしまうのかと思うと
    悲しみさえ込み上げてくる
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年08月29日
  • 匿名希望
    先に猫かぶりを読んだ方がいいです
    スピンオフって、最高ですよね。
    世界がブワッて広がる感じ。
    でも私は先にこっちを読んでしまったんですよね・・・いやまあ面白いんです。めちゃくちゃね。だから結局猫かぶり読みたくなるじゃん。
    結果、記憶を消して、もう一度無邪気なわんこと猫かぶりから読みたくなりました。そしたら「誠司ってただフラフラしてる人じゃなかったんか!」とか、「こんな過去が!!」ってなったのに・・・・・・・・・・・最近一のお悔やみです。
    でも最高です。絵も上手いし。エロシーンばっかじゃないし。ギャグも笑えるし。2の単行本化、ほんと楽しみにしてますネ!ネ!!!
    あと、無邪気なわんこと猫かぶりは、八木さんがメッチャ可愛いので読んだ方がいいです。先に。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月29日
  • 優しい世界観
    登場人物として男も女も出てくる中で、ゲイであることを悩む男の子を中心とした友情物語。なんでもかんでも同性愛を受け入れるんじゃない、綺麗事だけを描いてない現実にありそうなお話でどんどん引き込まれます。ゲイとか関係なく自分の周りの人間の幸せを願えるような登場人物が多くて、すごく心が癒される。2巻まで読んでます。エロが欲しい人は物足りないかもしれないですが、優しい世界感がすごく良いのですべての人に読んでほしい。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月29日
  • 4冊一気に読める作品
    4巻完結ではありますが、怪奇で淡々として歴史ロマンと人間味あふれる、岩明均の魅力が最初から最後まで詰まっています
    この作品の好きなところは、超常の恐ろしい力と人間性の対峙を丁寧に描きラストに集約させる、構成の緻密さとユーモアです
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月28日
  • ハリウッド映画の様な漫画
    ストーリー、大きいコマ割りなど、まるでハリウッド映画を
    みてる様な、漫画だと思いました。
    一枚絵が多い漫画で、電子書籍だと、
    見開きの一枚絵が、ズレている事が多いのですが
    接合部が判らない位、綺麗な一枚絵になっています。
    2ちゃんねるや、twitterが、とても細かく描かれている
    のは、この作者ならではなのかなと、思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月28日
  • 正月の一夜の過ちから、、
    題名にもなっている作品を含め、
    さっぱりしてるけど読み応えがあり面白かったです。
    若旦那の幼馴染
    バーの店長
    料理人
    年下の上司
    という職種はさまざま、
    男性キャラクターもさまざまですが
    変にネチネチしてなくてストレートで素敵でした。
    気になっている人は是非!!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月28日
  • 面白かった
    エロエロ濃厚。しずる感あり。潮噴き。イケメン人気声優x売れない役者。大好きな推し声優に近づきたくて役者になった主人公が、写真集でアナニーしちゃうこじらせぶりが可愛い。事故で挿入までいっちゃってファンからセフレになるが、まさか神が自分を好きだとは微塵も思っていない。一方イケメン声優のほうは、本気で主人公を落としにかかってるすれ違いがいじらしい。途中役者仲間にファンだとバレて…。ギャグが多く面白かった。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月28日
  • 匿名希望
    かわいい!
    女装男子要くんと美少女メガネ委員長雫ちゃんの、付き合ってるのにちぐはぐな関係がカワイイです!
    主人公の女装時(カナちゃん)のお洋服も毎回可愛い。
    脇役も魅力的で、美人女子の大川さんと主人公の幼馴染(美形)の二階堂くんの組み合わせや、二階堂くんからカナちゃんへの片思い?関係など、妄想できるところがたくさんあって萌えました。
    女装好き、百合好きさんにも王道ラブコメ好きさんにもおすすめです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月28日
  • 匿名希望
    高い割には
    ファンタジーだけど読んでいてあんまりわくわくしなかった
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月27日
  • よくわかりませんでした・・・
    ギャグ要素は、あまり捻った感じではなくたまにシュールや、
    ホラーな感じのものがありました。
    最初の話とカラクリはちょっと面白かったです
    残念ながら、私には合わなかった様です
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月27日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    ストーリーが酷すぎる!
    最初のゲーム設定がすぐにグチャグチャになって、最後は本当に意味不明な終わり方。
    ここまでヒドい漫画を発行した出版社を逆に尊敬する。
    作者は責めませんが編集さんと出版社は何を考えてたんでしょう?
    4巻の発売から2年以上経過して発表した最終巻がこれなの?
    600円って詐欺なの?同人誌なら、ハズレだったな~って思うだけだけど、漫画買ってこんなに怒りを覚えたことはない。キングオブ駄作!!
    これを完結まで読めた方は、今後どんな駄作を読んでも我慢できる精神力を手に入れられるでしょう。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月27日
  • Sexy Romance
    胸キュン死そう。エロかLOVEを求める人,どちも満足できると思います。とにかくすばらしい。先生に無限の感謝。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月27日
  • 匿名希望
    泣いた
    読んでみて下さい、損はさせない。
    何回よんでも感動します。
    ただし、エロが濃いので、大丈夫な方のみ。
    エロ濃いが絵が綺麗なので、とても読みやすいですよ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月27日
  • スーパー主婦ここに極まれり
    タイトルと、表紙絵に全てが詰まっている、最高の表紙になっています。
    粋な奥様、八重子さんの短編2話ですが、100円にしては読み応え十分で
    さらに、1話目の短編を作者本人が、解説してくれているページもあるので
    漫画が好きな方や、漫画を描く方にも楽しめる1冊だと思います。
    日本橋ヨヲコ先生には、もっと粋奥シリーズを書いてもらいたいです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月27日
  • 人の心は複雑なものだなと思わせる物語
    序盤のストーリーは、展開がゆっくりすぎて、退屈に感じましたが、
    中盤から後半にかけて、どんどん面白くなっていきますので、
    序盤だけみて退屈に思えた方は、もう少し読んでみる事をオススメします。
    かっちりとした恋愛漫画、というよりは、登場人物の心情の変化、移り変わり
    を、より現実的に描いた漫画になっていると思いました。
    時間のある時に、じっくり読むほうが楽しく読めると思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月27日
  • 匿名希望
    絶対にオススメ!
    なんでこんなに面白いの?!ってくらい面白くて、夢中になって読みました。可愛い絵からは想像出来ない程、内容はドラマチックで読みごたえたっぷり。登場人物が全て魅力的で、すごく感情移入してしまいます。最後は驚きの展開で、読み終わった後も心に残りました。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月27日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    感動です
    1ではあまり印象に残らなかった2人の話ですが、これはエロいし面白いし感動しました!まだ完結させないでほしいなー2人の色んな話しが読みたくなります。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月27日
  • 匿名希望
    エロいだけじゃない
    エロいだけじゃなく、ストーリーがしっかりしている。絵もキレイだし…最高すぎる。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年08月27日
  • 恋愛模様に嫌みがない。
    ボードゲームを趣味にする学生たちの日常。
    女の子がかわいい。
    ボードゲームの扱いは本格的(だと思うたぶん)。
    だけど継続的に競争するものではないので、他のスポーツものみたいな成長ものではない(人間的な成長はある)。
    そのせいか(?)後半になると恋愛模様の変化が激しくなる。
    個人的な感想かもしれないが嫌なキャラや嫌なシチュエーションが無い。
    バランスの取り方に感心します。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月26日
  • 68点 ★3.4 【他の作品にはない新鮮味がある】
    6巻まで読んでます。書いた段階で7巻まで刊行中。
    
    女友達3人の日常が主に描かれる作品なんですが、この作品の最大の特徴は「セリフが無い」ことです。
    基本的に喋ることはありません。
    擬音はあります。擬音とジェスチャーで表現していく感じですね。
    セリフが無いから分かりにくいと思いきや、決してそんなことはなく。
    簡単に言えば『マンガ版無声映画』です。
    他の作品にはない「新鮮味」のある作品だと思います。
    
    話の幕間にあるラクガキだったりカバー裏のおまけマンガでは、彼女たちが喋ることがあったりします。
    本編に比べればほんのわずかな情報量ですが、「新鮮味」を際立たせるとても良いアクセントになっています。
    でも、カバー裏マンガは、1巻はまだ分かるけどなぜか6巻にありませんでした。
    ちなみに2~5にはあります。どうした6巻。
    
    この作品の短所は、セリフが無いので他のマンガより読み終わるのが早いことです。
    あと、一気に読もうとすると、途中で【飽きます】。
    何故かというと、この作品の持っている「新鮮味」に慣れてしまうからです。
    
    それを踏まえて総括すると『短い時間で気軽にサクッと”少しの冊数”読める作品』という感じになります。
    ちなみに、”1度に2冊”くらいが飽きないボーダーでしょうか。
    一気読みさえしなければ、何回読んでも飽きない良い作品だと思いますよ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月26日
  • 76点 ★3.8 【1巻中盤からが本当のスタート】
    8巻まで読んでます。書いた段階で8巻まで刊行中。
    原作の方は読んでません。
    
    世界観は魔法系ファンタジーで、システムとしては比較的理解しやすい方です。
    
    ヒーローが学園の講師なので、基本的に学園での出来事やイベントの中に事件が捻じ込まれてきます。
    事件が起こるまでは普通の学園生活を送るので、必然的に「日常」の割合が大きくなっています。
    作品のペース配分は 【日常7:戦闘3】 くらいでしょうか。 【6:4】 では無いと思うな。
    日常部分が多いため、サブキャラな生徒たちにも比較的出番があったりします。
    
    ヒーローの戦闘能力は高い方ではありません。
    強敵に対しては、仲間の助力を得ながら戦うタイプです。
    格好良い戦い方とは言えないので、好き嫌いが分かれると思います。
    
    最序盤はタイトル通りロクでなし、でも1巻中盤から一気に真面目になります。
    バランス的には、最序盤のロクでなし度が 【10:0】 だとすると、その後は 【2:8】 くらいになります。
    ………豹変したな!?
    
    1巻の段階でそれなりに大きく物語が動きます、
    比較的展開は早めなのですが、ダラダラせずに分かりやすく世界観の情報を出してくれるので、雰囲気がつかみやすいです。
    なので、試しに1巻だけ買って”好みかどうかを判断してみる”というのもアリだと思いますね。
    
    少なくとも、ヒーローがしっかりする前の最高にロクでなしな最序盤だけで判断するには勿体ない作品だと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月26日