オススメ特集

一覧を見る

新刊 12/3~9発売! 169冊

新刊一覧

趣味・実用

  • 週別日別

  • わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か
     仕事上の悩みやトラブルがあると、ふつうは上司に相談するとか、意見を聞きに行きますよね。でも、気の弱い私の場合、「そんなことでいちいち来るな!」なんて追い返されたりすると、その後、なかなか相談に行けなくなってしまうたちなんです。
     とはいえ、自分だけではいよいよ解決できなくなり、なんとか覚悟を決めて再び上司のもとを訪ねると、「そんな大事なこと、なんでもっと早く相談に来なかったんだ!」ってこっぴどく叱られるという──こんな経験、ありませんか?
    「いちいち相談に来るな」と言っていたはずの上司が、「なんで相談に来なかったんだ」と怒り出す理不尽……。著者の平田オリザさんによりますと、こうした二つの矛盾したコマンドが強制されている状態を心理学用語で「ダブルバインド(二重拘束)」といい、そのような環境に長く置かれると、人は「操られ感」や「自分が自分でない感覚」を感じるようになるそうです。

     企業による新卒採用の現場も、完全に「ダブルバインド」の状態に陥っていると、平田さんは指摘しています。多くの日本企業は、就活生に対し、「異なる文化や価値観を持った人にもきちんと自分の主張を伝え、説得し、そして妥協点を見出せる」異文化理解能力を期待する一方、「上司の意図を察して機敏に行動する」「会議の空気を読んで反対意見は言わない」という同調圧力も、同時に要求しているからです。平田さんはいいます。
    「何より始末に悪いのは、ふたつのコミュニケーション能力を求めている企業側が、その矛盾に気がついていない点です」

     ダブルバインドは、何も企業内に限られた話ではありません。
     わが子に対して「身体だけ丈夫ならいい」と言っておきながら、差し出された通信簿を見て、つい「なんだ、この成績は!?」と怒ってしまったことはありませんか。妻から「夕飯、何がいい?」と聞かれ、「何でもいい」と答えておきながら、(帰宅後、お昼に外で食べたものと同じ料理が出てきて)つい不機嫌になってしまったこととか……。家庭内でもダブルバインドは十分起こりうるわけで、親と子どもだけでなく、夫と妻も、あるいは冒頭の理不尽エピソードでいえば上司も部下も、これからは「わかりあう」「話が通じる」ことに重点を置くのではなく、そもそも「わかりあえない」「話が通じない」ことを前提に、コミュニケーションについて考えるべきではないか。なによりも、こうした「ダブルバインド」の状況が社会全体を覆っているがために、いまの日本の内向きな雰囲気やイヤ~な閉塞感につながっているのではないか―。劇作家として、教育者として、平田さんがかねて抱いていた疑問をもとに、本書は書き進められています。

     そんな中、生来、口数が少なく、口べたなことをコンプレックスとして感じ続け、ざっくばらんな酒席以外の場では「コミュ障(コミュニケーション障害)」を自覚している私にとって、ずいぶんと気持ちが楽になった箇所が本書にはありましたので、以下、ご紹介いたします。

    〈日本では、コミュニケーション能力を先天的で決定的な個人の資質、あるいは本人の努力など、人格にかかわる深刻なものと捉える傾向があり、それが問題を無用に複雑化していると私は感じている。世間でコミュニケーション能力と呼ばれるものの大半は、スキルやマナーの問題と捉えて解決できる。だとすればそれは、教育可能な事柄となる。そう考えていけば、「理科の苦手な子」「音楽の苦手な子」と同じレベルで、「コミュニケーションの苦手な子」という捉え方もできるはずだ〉

     要するに、理科の授業が多少苦手だからといって、その子の人格に問題があるとは誰も思わないように、もしくは、音楽が多少苦手な子なら、きちんとした指導を受ければカスタネットをリズムよく叩け、縦笛もちゃんと吹けるようになるように、コミュニケーション教育もまた、同様だというのです。

    〈口べたな子どもが、人格に問題があるわけでもない。だから、そういう子どもは、あと少しだけ、はっきりとモノが言えるようにしてあげればいい。コミュニケーション教育に、過度な期待をしてはならない。その程度のものだ。その程度のものであることが重要だ〉

     いかがでしょう? 40歳前の私がいまさら教育を受け直すことはかないませんが、少なくとも、「難しいもの」「自分には無理」と捉えていたコミュニケーション能力に対する懼れが、うすまるのではないでしょうか。

     最後に、念のため申し添えますと、この『わかりあえないことから』を読んでも、ロジカル・シンキングやクリティカル・シンキングといったものは身につきませんし、グローバル・コミュニケーションスキルを磨くこともできません。

     しかし、従来のいわゆる自己啓発本とは異なる、コミュニケーションの本質を根本から問い直した本書は、「いま、本当に必要なこと」が知りえる必読の一冊です。

    (2015.03.01)
    投稿日:2016年02月24日
  •  オバマ大統領の被爆地ヒロシマ訪問に同行した安倍首相は、大統領と「日本国憲法」、なかでも「戦争を永久に放棄する」と宣言した第9条について語り合うことはあったのだろうか――。
     いうまでもありませんが、安倍首相は「憲法改正」を祖父の岸信介元首相から受け継いだ念願として明言しています。一方のオバマ大統領は、プラハで「核を使用した唯一の保有国として行動する道義的責任がある」と述べ、「核なき世界」を重要課題として打ち出したことで2009年ノーベル平和賞を受賞しており、2017年1月の退任を控えてヒロシマ訪問を決断、実現しました。71年前、熱線で焼かれる地獄絵を体験したヒロシマの地に立った二人の間で、「日本国憲法」、「日米安保」、そして「核なき世界」をめぐる対話はどう交わされたのでしょうか。
     オバマ大統領が「日本国憲法」を知ろうとして手に取るのは、1946年11月3日に公布された「日本国憲法」を英訳して、同じ日に英文官報号外に掲載された“The Constitution of Japan”(日本の憲法)になるはずです。占領期のGHQ(連合国最高司令官総司令部)草案を踏まえつつも調整・修正・追加を経てできあがった「日本国憲法」を日本側で翻訳し直した文書で、公式に認められた唯一の英文版だからです。つまり日本国憲法には日本語の「正文」のほかに公式英文版があり、世界の人びとが日本という国の憲法を識(し)ろうとすれば、“The Constitution of Japan”を読むのがその第一歩となるのが自然の流れとなっています。
     この英文版“The Constitution of Japan”を、アメリカ文学研究家、翻訳家、東大特任教授の柴田元幸さんが新たに翻訳、出版した『現代語訳でよむ 日本の憲法』(アルク、2015年8月14日配信)が注目を集めています。柴田元幸さんといえば、ポール・オースターなど現代アメリカ文学の翻訳の第一人者であり、作家・村上春樹さんの翻訳の良き協力者として親交を深めていることでも知られています。さらに現代アメリカ文学の紹介を主テーマとする文芸誌「MONKEY」を創刊するなど多才ぶりを発揮していますが、日本国憲法英文版を現代語訳したことについて、柴田さんはインタビューに答えて次のように語っています。
    「もし英文版の文章がものすごく官僚的で、国民の権利なんか考えていないようだったら、やらなかったでしょうね。でも一昨年、英語雑誌の仕事で読んでみたら、そうではなかった。簡単に言えば、ちょっといい感じ、だった。新訳の形で出すことで、憲法の主体は僕らにある、自分たちで国を動かすんだという精神が見えるだろうと。だからやる気になったというのはあります」(「朝日新聞」2016年5月12日付け朝刊より)

     現代アメリカ文学の翻訳の第一人者が〝ちょっといい感じ〟だったとした文章とはどんな英語でしょうか。その英文を柴田元幸さんは、どんな日本語に訳したのでしょうか。そして、新訳からは何がわかり、何が見えてくるのでしょうか。
     本書巻末に収録された監修協力の憲法学者・木村草太さん(首都大学東京准教授)との対談で柴田さんは、
    〈憲法ですから、全体的にはもちろん「法律の文章だな」という感じがするんですが、「前文」と第9条、第97条は、英文の質が明らかに違うというか、気合いの入り方が違うと感じました。特に第9条です。Japanese peopleが主語になっているし、forever renounce warといった言い方とか、ほかと違うなあという感じがします。〉
     と、「前文」「第9条」「第97条」の文章はとくに気合いが入っていると感じたとしています。

     まず、前文です。正文は「日本国民は……」と始まりますが、柴田訳は「私たち日本の人びとは……」です(正文は本書巻末に収録されています。柴田訳との違いはそれを参照してください)。
    【柴田訳】
    〈私たち日本の人びとは、正しい手続きを経て選ばれた、国会における代表者を通して自分たちの意志を実現する。自分たちのため、子孫のために、私たちはすべての国と平和に手を結ぶことからもたらされる果実を確保し、自由の与えてくれる恵みを、この国の隅々まで広めていく。政府の行動によって戦争の悲惨に引き込まれることが二度とないよう、主権は人びとにあることを、かくして私たちは宣言し、ここにこの憲法を定める。統治権(とうちけん)は人びとからの不可侵の預かり物であり、その権威は人びとから発し、その権力は人びとを代表する者たちによって行使され、その恩恵は人びとによって享受(きょうじゅ)される。人類にとって万国共通のこの原理を、私たちの憲法もまた土台にしている。これと対立するすべての憲法、法律、命令、詔令(しょうれい)を私たちは退け、廃する。

     私たち日本の人びとは、永久の平和を希(ねが)い、人間同士をつなげている貴(とうと)い理想を胸に刻む。平和を愛する世界の国ぐにの人びとの正しさと誠実さに信を置くことによって、自分たちの安全と生命を護(まも)っていこうと私たちは決意した。国際社会は、平和を維持し、暴政、奴隷制、弾圧、非寛容をこの世界から永久になくそうと努めている。私たちもまた、その社会のなかに名誉ある立場を築いていきたいと思う。世界中すべての国の人びとが、平和に、恐れも欠乏もなく暮らす権利を持っていることを私たちは認識している。(後略) 〉

    【英文版】は〈We, the Japanese people, acting through …… 〉と始まり、この〈We, the Japanese people,〉は、段落ごとにその始まりのフレーズとして繰り返しでてきます。そして、このフレーズは日本語の原文(=正文)では「日本国民」となっていますが、柴田さんはあえて「国民」を使わずに、Weもそのまま訳して「私たち日本の人びと」としました。その理由を、こう語っています。

    〈柴田 国民についての話だとひとまず理解しつつも僕が「国民」という言葉を避けたのは、やはり「民」という語は「公」と対になっているので、「『公』に支配されるもの」というニュアンスがある気がどうしてもしてしまうからです。ある意味で、「国民主権」という言葉も、矛盾に響くようなところが残っていると思うんですよ。「民」という言葉を国語辞典で引いても、「治められる人たち」という定義がまずあって、「国民一般」が次の定義として出てくる。
     ただ、peopleという言い方にも、もともと「民」と似たニュアンスはあります。英語で“you people”と言うと、ものすごく人を見下したような言い方ですよね。ただ、迷うときにはとにかく、正文と違うことをやってみようと思いました。〉

     主語として使われている“the Japanese people”とともに、英文版で特徴的なのは、shallがほとんどの文で使われていることだと、柴田さんは言います。
    〈柴田 英語教師の視点で見ると、この憲法はshallの使い方の教科書のようなものです。ほとんどすべての条文で、shallという助動詞が使われています。shallは、「私がこの人にこうさせるんだ」「これは、このように私が取りはからうんだ」というように、語り手の意志を表わします。ですから、主語はほとんど出てきていないけれども、隠れた語り手として常に「われわれ」がいるのかなと思いながら訳しました。〉

     shallの例として、第3章「人びとの権利と義務」の中の第12条を見てみましょう。
    【英文版】
    〈The freedoms and rights guaranteed to the people by this Constitution shall be maintained by the constant endeavor of the people, who shall refrain from any abuse of these freedoms and rights and shall always be responsible for utilizing them for the public welfare.〉

    【柴田訳】
    〈この憲法が人びとに保障するさまざまな自由と権利は、人びとの不断の努力によって維持せねばならない。
    人びとはこれらの自由と権利の濫用(らんよう)を避け、それらを公(おおやけ)の福利のために用いる責任をつねに負う。〉

    〈shall〉のニュアンスについては、柴田さんの以下の説明がわかりやすい。
    〈20世紀で印象的なshallは、アメリカの公民権運動とも密接に結びついていたプロテスト・ソング “We Shall Overcome”(邦題『勝利を我等に』)である。
     Oh, deep in my heart, I do believe, we shall overcome(ああ、心の底で私は信じる、いつの日か勝利は我等に)
    ──まさに人民の意志を表わすshall。キング牧師も、暗殺前の最後の演説で“we shall overcome”と唱えた。
     日本の憲法に隠れているshallも、その精神はこちらにずっと近い。〉

     次に、柴田さんが「気合いが入った条文」にあげる第9条を見てみましょう。第2章「戦争の放棄」から引用します。

    【柴田訳】
    〈正義と秩序にもとづく国際平和を心から希(ねが)って、日本の人びとは永久に戦争を放棄する。
    国として戦争を行なう権利を放棄し、国同士の争いに決着をつける手段として武力で威嚇(いかく)すること、また武力を行使することを放棄するのである。
    (2) 前段落で述べた目的を達するため、陸軍、海軍、空軍、その他いっさいの戦争能力を、日本は絶対に維持しない。国の交戦権も認めない。〉

     正文と見比べてみてください。柴田さんは冒頭の“Aspiring sincerely”(心から希って)を法律的な言葉ではないとしています。そしてそれに続く“forever renounce war”(永久に戦争を放棄する)のforever。この言葉に込められた心情的に、絶対にという気持ちを汲み取って訳し直したそうです。法律的な言葉だけの文章にはないニュアンスを文学翻訳家の感性でとらえた柴田訳は、その分、私たちにはわかりやすく感じられます。

     最後に、柴田さんが〝いちばんのお気に入り条文〟にあげた第99条――。
     まず、正文をご覧ください。
    【正文】
    〈天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」〉
     これに対して、柴田さんは「すべて」という言葉を加え、「擁護する」を「支持する」に改めて積極的なニュアンスを強めています。
    【柴田訳】
    〈天皇もしくは摂政、また各国務大臣、国会構成員、裁判官、そのほか公務員はすべて、この憲法を尊び、支持する義務を負う。〉
     ちなみに英文版には、ちゃんとallが入っています。
    【英文版】
    〈The Emperor or the Regent as well as Ministers of State, members of the Diet, judges, and all other public officials have the obligation to respect and uphold this Constitution.〉

     安倍首相はもちろんのこと、大臣や国会議員はすべて、日本国憲法を尊び、支持する義務を負っているんですね。
     とまれ本書は、英語学習の教材書籍を多く出版してきたアルクによって発行されています。それだけに、柴田訳と英語版が並ぶ対訳本のページ構成に加えて、ポイントとなる英単語、熟語、慣用句などの意味を解説した単語帳スタイルの用語欄があって英語理解を助けてくれます。日本の憲法を識るための格好の手がかりとなる、一家に一冊の注目書です。(2016/5/27)
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年05月27日