電子書籍の漫画(マンガ)・コミック品揃え世界最大級!

  1. 電子書籍TOP
  2. 注目!まんが作品・まんが雑誌別まとめ
  3. 『本気!』~その足跡をたどる~聖地を巡礼

『本気!』~その足跡をたどる~聖地を巡礼

立原あゆみ先生が描く本格極道ロマン『本気!』を大特集! 1986年の連載開始以来、30年以上も愛され続ける物語『本気!』の世界を徹底的に紹介します! 物語の舞台である渚橋のモデルになった千葉県船橋市の風景もたっぷりとお届けします。

~『本気!』を知らない読者のために~

『本気!』は1986年から1996年の10年間、週刊少年チャンピオンで連載された本格極道まんがです。全50巻という大作にして、その後も多くの続編や関連作品、世界観を共有する作品が描かれています。主人公の白銀本気(しろがね・まじ)は、連載開始当初はあどけなさの残るチンピラとして描かれていますが、物語が進んでいくにつれて名もなき組員から組織の幹部、そして組長へと出世を遂げていきます。それはある種のサクセスストーリーでもあります。しかし、物語自体はそうやって成り上がっていくこと決して賛美しているわけではありません。自らがヤクザでしか生きられないことを悟り、決して多くを望まずに生きていこうとするものの、自身の人徳が故に図らずも極道の世界の階段を昇っていくことになる、そんな皮肉が描かれています。そして本気はその宿命のすべてを懐深く受け入れていくのでした。

主要な舞台である渚橋のモデルになった千葉県船橋市には味わい深い風景がたくさんあります。生活に根ざした息づかいの感じられるノスタルジックな景色は、本作に漂う哀愁をより濃くしています。

作中で本気は多くの人物たちと出会い、そしてときに悲しい別れを経験していきます。それらのひとつひとつが本気を一人前の男へと成長させていきます。末端の構成員という立場から巨大組織のトップに押し上げられていくなかで、ひとりの男がどう生き、どう困難を乗り越えていくのか。任侠の世界を舞台に繰り広げられる男たちの純情物語をぜひ本編でお楽しみください。

~主要な登場人物~

~『本気!』シリーズの変遷~

~『本気!』と世界観を共有する作品~

『JINGI』シリーズはこちら

その他の作品はこちら

©立原あゆみ(秋田書店)

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲トップへ