ebookjapan

声優・松岡禎丞さんインタビュー

ヒトと鬼との究極の愛を描くダークファンタジー『デビルズライン』が禁断のアニメ化! いよいよ2018年4月7日より順次放送開始となります。eBookJapanでは、アニメで主人公の安斎結貴を演じる声優の松岡禎丞さんにインタビューを行いました。「安斎という役は自分の中にない引き出しを使わないといけない」と感じたという松岡さんに、作品の魅力やアフレコ現場の様子などを伺いました。

松岡禎丞さん

僕も安斎と同じ帯広出身
人見知りするところも似ている

Q.アニメ「デビルズライン」への出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

松岡禎丞(以下、松岡) そうですね、受かりたいなとは思いましたが、正直言って「受からないかもしれないな…」と思っていたんです。ただオーディションでは、「これで落ちたとしても大丈夫だ」というくらい悔いの残らないように全部やりきりました。実際決まってみて、うれしいはうれしいんですが、安斎という役は自分の中にない引き出しを使わないといけないと感じたので不安もありました。新しい方法で声を出してみたりしないといけなくて。でも率直に言えば、うれしかったです。

Q.『デビルズライン』のオススメポイントを教えてください。

松岡 人と鬼という種族の違いが生む人間模様ですかね。心は人なのに身体は意に反した行動をしてしまう安斎。異種族間の恋愛で安斎とつかさが直面する苦しみや葛藤、超えることができない壁を二人はどうやって乗り越えるのか。観ている人も考えさせられる作品だと思います。アニメとマンガの違いは、アニメの方が原作を凝縮しているのでストーリーのテンポが早い。つかさが安斎に対して抱く好意のスピードが早いかな。マンガはワンシーンを自分のペースで読めるので、安斎とつかさの関係を自分のペースで掘り下げながら楽しむことができますね。

Q.好きなシーンやセリフはありますか?

松岡 好きなセリフとかではないですが、鬼に変化する時の呻き声が特徴的だと言われますね。でも自分でもどうやって出しているのかわからないんです。昔から出せた声だったので(苦笑)。強いて言うなら無理やり気道を狭めています。その収録日は喉がズタズタになりますね(笑)。

Q.演じられる安斎をどんな人物だと思いましたか?

松岡 安斎は、ウブなところもあるんですが、鬼としてどう生きていくのかというのをきちんと自分の中で考えていて、口数は少ないけどまっすぐに生きている男性という印象です。

Q.松岡さんも安斎と同じ北海道出身だそうですが、他に安斎との共通点などあれば教えてください。

松岡 そうですね、僕も帯広で生まれました。僕の地元にONL(オンロ)はなかったですが…(笑)。他の共通点だと、人に対する捉え方が似ているなって思いますね。安斎にとってのつかさや沢崎という存在のように、仲良くなればスムーズに話ができるようにはなるんですが、初めて会う人だとあまり話せない。その対比が現実の自分とちょっと似ているなって。僕は初対面だとまず相手の顔が見られないです…。

Q.安斎を演じるにあたって意識していることなどありますか? また収録で苦労したことや思い出などはありますか?

松岡 安斎を演じるにあたって意識していることは、僕の通常の声の高さより低いラインなので、咳ばらいをしないようにしています。無理やりダミ声のようにし、あえて綺麗な声を出さないようにしていますね。

Q.実際にアフレコをしてみて、いかがでしたか。印象が変わったところなどありますか?

松岡 印象が変わったところはかなりありましたね。アニメーションで動いているところを見てみると、安斎の表情や空気感、背景といったものが自分が思っていた以上にすごく作り込まれていたんです。自分の想像を超えたものができていたので「あ、これは大変だぞ」と(苦笑)。

Q.ではそのギャップを感じながらも、役にどのようにアプローチしていったのでしょうか。

松岡 とにかくアフレコ現場で実際に出していくしか正解が分からないんですよね。声色や話し方は、オーディションの時のものが基本軸にはなっているんですが、(アフレコ現場には)何種類か僕の中の安斎を用意していきました。あとは話し方を間延びさせないように気を付けました。話す時にちゃんと区切るようにしています。例えば、「~~だなぁ」という最後の息をカットする感じです。意識的に「~~だな。」と話して、ちゃんと言葉の最後に「。」をトンと置くように意識しています。そうでないと安斎の言葉が伝わっていかないんじゃないかなと思ったんです。

松岡禎丞さん

アフレコ現場は和気あいあい
先輩声優の皆さんに助けられています

Q.本作のアニメは脇をかためる声優陣も非常に豪華です。アフレコ現場の雰囲気などいかがですか。

松岡 (沢崎孝役の)細谷(佳正)さんが皆さんのパイプラインになってくださっています(笑)。僕は自分からは話せないタイプなのでありがたいです。そういえば、細谷さんと僕が話す感じが似ているってけっこう言われるんですよね。話の内容が斜めの方向に突っ走ってしまうところとか、一つのことを終わりなく話し続けているというところが(笑)。最初のころは「そうかな?」って思っていたんですが、他の現場とかで(菊原桐郎役の)櫻井(孝宏)さんにも「お前と細谷って話し方が似てるよな」って言われたり。気付くとアフレコ現場で僕と細谷さんしか話していないということもあったりしますね(笑)。なので、明るい現場ではあります。あとはまだアフレコに合流されていない方もいるので、楽しみです。

Q.アフレコの際の印象的なできごとなどがあれば教えてください。

松岡 (秋村役の)下野(紘)さんがはっちゃけていた(一同笑)。僕より先輩である下野さんがアニメの第1話で現場の空気感を作ってくださったと思っています。初めてアニメで「デビルズライン」をご覧になる方だと、下手すると最初は安斎が悪役で、秋村が主人公なんじゃないかって錯覚するんじゃないかと思うんです。そこからの安斎の「よう 吸血鬼」っていうセリフがあるまでの流れがけっこうしびれますよね。現場ではとにかく下野さんがワイワイやられていて、この作品のダークな空気感を下野さんのパワーで光に変えていただいたなと思っています。すごく助けていただきましたね。

松岡禎丞さん
『デビルズライン』1巻より
ページ下の動画コメントではこのシーンのセリフも言っていただけています!

Q.自分が人ならざる者だった場合(鬼)、人と恋をしようと思いますか?

松岡 自分が人間じゃない場合、どういう種族に生まれているかによるんですが、仮に『デビルズライン』と同様に鬼だったとしたら、好きになるとは思うが一緒になりたいと思わないかもしれません。人間的な情欲が我慢できないと思うから(笑)。血をみた瞬間に変異してしまうことも辛すぎますよね。

Q.安斎とつかさが一緒のシーンでは、初々しくかわいらしいシーンや、切ないシーンなど恋愛描写が多く描かれています。演じてみていかがでしたか。

松岡 安斎が吸血衝動でつかさの“ファーストチッス”(笑)を奪ってしまい、そこからつかさは夢に出るぐらい安斎が気になっていきますよね。夢の中に意中の人が出てくるということは誰しもあると思うんですが、一番気を付けたのは、そういう恋愛の雰囲気が原作を読んでいない方にも伝わるようにすることです。視聴者が置いてけぼりにならないようにゆっくり演技をしてくということを意識しました。「安斎けっこうかわいいところあんじゃねぇか」「つかさは元からかわいいな」って思ってもらえるように。2人はなんだか昭和の夫婦みたいですよね(笑)。それが伝わるといいです。

Q.安斎たち吸血鬼は血を見ると興奮してしまいますが、松岡さんにとって無条件に「テンションが上がる!」というものはありますか?

松岡 車の部品を見る、ですかね。おいしそうに見えるんです(一同笑)。これはけっこうラジオとかいろんなところで話させていただいているんですが、僕は車の部品が大好きなんです。もともと車自体が好きなんですが、その中身が一番好きで。気になる車があったら片っ端からボンネットを開けていきたいくらい。配線のうなりとかを見ると「あぁ、いいなぁ」って思うんです。「このタイヤはどんな味がするんだろう」とか。タイヤが一番かんでみたいですね。メーカーごとに違うんじゃないかなとか思ったり。もはや変態ですよね(一同笑)。でも現実を知りたくないので実際にはかまないです。思うだけにとどめています。

Q.最後に、『デビルズライン』ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

松岡 アニメ「デビルズライン」は、アフレコの段階から絵もフルカラーでできているという本当に素晴らしい環境の中で演技をさせていただいているので、原作を知っている方も知らない方もこの世界に入り込めるように誠心誠意演技をさせていただいています。皆さんの期待を裏切らないように、これからも最後まで演じきりたいと思いますので、『デビルズライン』を原作もアニメのほうもよろしくお願いします!

松岡禎丞さん

●PROFILE

松岡禎丞(まつおか・よしつぐ)
9月17日生まれ。北海道出身。アイムエンタープライズ所属。アニメやゲームを中心に、快活な男の子の役から儚なげな男性の役まで幅広く演じ分ける。2016年、第10回声優アワードで主演男優賞を受賞。主な出演作は「ソードアート・オンライン」(キリト役)、「食戟のソーマ」(幸平創真役)、「DAYS」(風間陣役)ほか。

eBookJapan限定の
動画コメント公開中!

TVアニメ「デビルズライン」ON AIR情報

2018年4月7日(土)より順次放送開始!

○AT-X 4月7日(土)より毎週土曜日 23:30~
※リピート放送
(日)8:00~
(火)15:30~
(金)7:30~
○TOKYO MX 4月8日(日)より毎週日曜日 25:35~
○BS11 4月9日(月)より毎週月曜日 24:30~
○サンテレビ 4月9日(月)より毎週月曜日 25:30~
○KBS京都 4月10日(火)より毎週火曜日 24:00~

※放送日時は予告なく変更になる可能性がございます。