1. 電子書籍TOP
  2. まんが・本を探す『まんナビ』
  3. 賞・ベストセラーナビ
  4. 【最新版】第160回芥川賞・直木賞

【最新版】第160回芥川賞・直木賞

2019年1月16日、第160回芥川賞・直木賞受賞作が発表されました。芥川賞は上田岳弘『ニムロッド』と、町屋良平『1R(いちらうんど)1分34秒』、直木賞は真藤順丈『宝島』が受賞しました。最新第160回の受賞作と、過去の受賞作をすべてご紹介します。

第160回 芥川賞 受賞作

ニムロッド

上田岳弘

  • ニムロッド

  • 第160回芥川賞受賞! それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。 あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。仮想通貨をネット空間で「採掘」する僕・中本哲史。中絶と離婚のトラウマを抱えた外資系証券会社勤務の恋人・田久保紀子。小説家への夢に挫折した同僚・ニムロッドこと荷室仁。やがて僕たちは、個であることをやめ、全能になって世界に溶ける。すべては取り換え可能であったという答えを残して。

    プロフィール

    【上田岳弘 うえだ・たかひろ】

    1979年兵庫県生まれ。2013年「太陽」で新潮新人賞受賞。2015年「私の恋人」で三島由紀夫賞受賞。2016年、国際文芸誌〈Granta〉日本語版にて、GRANTA Best of Young Japanese Novelistsに選出。2018年『塔と重力』で芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

購入する

1R(いちらうんど)1分34秒

町屋良平

  • 1R(いちらうんど)1分34秒

  • なんでおまえはボクシングやってんの? 青春小説の新鋭が放つ渾身の一撃。デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていく――。

    プロフィール

    【町屋良平 まちや・りょうへい】

    1983年東京都生まれ。2016年「青が破れる」で文藝賞受賞。

未配信

第160回 芥川賞候補作

候補者プロフィール

【古市憲寿 ふるいち・のりとし】

1985年東京都生まれ。社会学者。2013年、日本学術振興会「育志賞」受賞。著書は『絶望の国の幸福な若者たち』『保育園義務教育化』など。

【鴻池留衣 こうのいけ・るい】

1987年埼玉県生まれ。2016年「二人組み」で新潮新人賞受賞。

【砂川文次 すなかわ・ぶんじ】

1990年生まれ。元自衛官。2016年「市街戦」で文學界新人賞受賞。

【高山羽根子 たかやま・はねこ】

1975年富山県生まれ。2010年「うどん キツネつきの」で創元SF短編賞佳作。2016年「太陽の側の島」で林芙美子文学賞受賞。

第160回 直木賞 受賞作

宝島

真藤順丈

  • 宝島

  • 希望を祈るな。立ち上がり、走り出せ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、恋人との愛を。美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染みーーグスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は刑事になり、教師になり、テロリストになり――同じ夢に向かった。

    プロフィール

    【真藤順丈 しんどう・じゅんじょう】

    1977年東京都生まれ。2008年「地図男」でダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞したのをはじめ、同年に日本ホラー小説大賞、電撃小説大賞銀賞、ポプラ社小説大賞特別賞を異なる作品で相次いで受賞。2018年『宝島』で山田風太郎賞受賞。

購入する

第160回 直木賞候補作

候補者プロフィール

【垣根涼介 かきね・りょうすけ】

1966年長崎県生まれ。2000年「午前三時のルースター」サントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。2004年『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞。2005年『君たちに明日はない』で山本周五郎賞受賞。

【深緑野分 ふかみどり・のわき】

1983年神奈川県生まれ。2010年「オーブランの少女」でミステリーズ!新人賞の佳作入選。

【森見登美彦 もりみ・とみひこ】

1979年奈良県生まれ。2003年「太陽の塔」で日本ファンタジーノベル大賞受賞。2007年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞受賞。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で日本SF大賞受賞。

【今村翔吾 いまむら・しょうご】

1984年京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員を経て、2016年「蹴れ、彦五郎」で伊豆文学賞受賞。同年「狐の城」で九州さが大衆文学賞 笹沢左保賞を受賞。2018年「童神」(「童の神」に改題)で角川春樹小説賞を受賞。

芥川賞・直木賞とは?

芥川賞・直木賞は、いずれも1935(昭和10)年に、作家・菊池寛が主宰していた文藝春秋社が創設した文学賞。菊池寛の盟友だった、芥川龍之介と直木三十五の名を冠した。1945(昭和20)年から一時中断したが、1949(昭和24)年に復活。上半期(7月中旬発表)と下半期(1月中旬発表)の年2回実施されている。

芥川賞とは、新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品の中で、最も優秀なものに授与される賞であり、主に無名または新進作家が対象となる。

純文学の新人賞でありながら、第34回受賞作である石原慎太郎『太陽の季節』は、そのセンセーショナルな内容により大きな話題となり、以降、広く一般に知られる賞となった。村上龍『限りなく透明に近いブルー』、綿矢りさ『蹴りたい背中』、又吉直樹『火花』などの受賞時にも社会的なビッグニュースとして扱われ、いずれもミリオンセラーとなった。

第160回の選考委員は、小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、山田詠美、吉田修一。

直木賞とは、新聞・雑誌(同人雑誌を含む)または単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中で、最も優秀なものに授与される賞であり、当初は無名・新進作家が対象だったが、現在は中堅作家が主な対象となっている。

歴代受賞者は、山崎豊子、司馬遼太郎、五木寛之、宮部みゆき、東野圭吾、池井戸潤など、国民的作家とも言うべき錚々たる顔ぶれである。一方、推理作品、および日本の大衆文芸のなかで比較的歴史の浅いSF・ファンタジー作品の受賞は少なく、綾辻行人、北方謙三、小松左京、島田荘司、筒井康隆、星新一、横山秀夫など、未受賞の大物作家もいる。

第160回の選考委員は、浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲トップへ