原秀則

小学館

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る

やったろうじゃん!! 14巻の内容

シリーズ書籍一覧 19冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

やったろうじゃん!! 14巻の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

物語は大雑把に言うと2部に別れており、前半~中盤までは監督・喜多条を主役に、後半はエース・江崎を主役に進行します。喜多条は元甲子園優勝投手だったにも関わらず、当時のことは「ただただ暑かったとしか覚えてない」そうで、それはなぜかというと、指導者の“勝利至上主義”によるチーム内の不協和音や、学校側の“大人の事情”のせいで楽しく野球が出来ていなかったから。そんな過去を持つ男が今度は自分がチームを率い、改めて甲子園を目指すわけですが、いい雰囲気の中で快進撃を進める部員たちを見て「俺もお前らの一員でいたかった」とひとりごちる監督のモノローグが切なくてたまりません。ただ後半、主役がエース江崎になってからは結構な鬱展開が待っており、個人的には前半のノリで最後まで行って欲しかったなぁ…というのが正直なところ。同じく高校野球をテーマにしたものでは『かんとく』(コージィ城倉)もそうでしたが、物語前半と後半とで大きく読後感の変わる作品です。
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。