水の剣 火の刀 (1)

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

刀鍛冶であった父が、非業の死を遂げる。そして、16歳の少女・お涼は。父の仇を討つため江戸へと舞い戻ってきた。幕末の動乱に乗じ荒稼ぎを企む刀商人や、亡き父の師匠・沢渡秋水たちとの関わりの中で、少女は人を斬るだけではない刀の本質、その本来の美しさや精神性を学び、刀鍛冶としてさらなる成長を遂げていく。切れ味抜群で、でも斬れない刀とは――至高の一振りを目指し刀鍛冶・お涼が鎚を振るう!!

無料立ち読み(18ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

刀鍛冶であった父が、非業の死を遂げる。そして、16歳の少女・お涼は。父の仇を討つため江戸へと舞い戻ってきた。幕末の動乱に乗じ荒稼ぎを企む刀商人や、亡き父の師匠・沢渡秋水たちとの関わりの中で、少女は人を斬るだけではない刀の本質、その本来の美しさや精神性を学び、刀鍛冶としてさらなる成長を遂げていく。切れ味抜群で、でも斬れない刀とは――至高の一振りを目指し刀鍛冶・お涼が鎚を振るう!!

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

この本の表紙を見ると美人凄腕の女剣士のコミックを連想するかもしれませんが、ちょっと違います。『水の剣 火の刀』(あおきてつお シナリオ:麻木遼 桜小路むつみ)…主人公は刀の使い手ならぬ刀鍛冶師のお涼。舞台は文久年間…幕末ですから、これ以上面白い設定はないかもしれません。なにしろ、それまで太平をむさぼっていた侍が、京都を中心に各地で刃傷沙汰を繰り広げるわけですから、刀の需要は高まるばかり。一方では、武士の生き方そのものが終焉を迎えようとしている時代。そんな、激動の世をお涼はどう生きるのか…。非業の死を遂げた父の遺志を継いで、本物の刀を作ろうとするお涼は名工のもとで修業を積みます。お涼は元々素質があるので、名品を作るのですが、本物の刀の域に達することができません。そんな時に出会った坂本龍馬の一言が、お涼の転機となります。その言葉は「一番ええのは 斬れ味抜群で でも 斬れん刀じゃ!」、まるで禅問答ですが、お涼の師匠がその言葉の意味を噛み砕いて解く場面には、目からうろこが落ちました。それは、まさに人斬りが横行する幕末の刀鍛冶師が目指すべき道なのです。そして、この本のもう一つの面白さはお涼の義理の弟のような民吉の存在です。当初、お涼とともに刀鍛冶に励んでいた民吉ですが、こちらは作るほうから転進して刀の使い手を目指すのです。そして、後に新選組結成の契機となる浪士組に加わってしまうのですが、二人の運命の交錯をご覧ください。複雑な世の中で、道を究めようと真剣に生きるお涼に惹かれました。(2012/7/17)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。