書籍の詳細

お涼が新たな刀工修行先に選んだ京は、江戸以上に荒んだ地であった。しかし、火室鉄心や坂本竜馬、そして後の新撰組となる壬生浪士組たちとの出会いと経験からお涼は刀の本質を掴み始めていた。そして、大政が奉還され、刀の時代が終わりを告げようとする最中、お涼は目標である「水の剣火の刀」へ到達することができるのか!?刀の重さは命の重さ、大事な人のために少女はただ槌を振るう――至高の刀工浪漫、ついに完結!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

水の剣 火の刀のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • この本の表紙を見ると美人凄腕の女剣士のコミックを連想するかもしれませんが、ちょっと違います。『水の剣 火の刀』(あおきてつお シナリオ:麻木遼 桜小路むつみ)…主人公は刀の使い手ならぬ刀鍛冶師のお涼。舞台は文久年間…幕末ですから、これ以上面白い設定はないかもしれません。なにしろ、それまで太平をむさぼっていた侍が、京都を中心に各地で刃傷沙汰を繰り広げるわけですから、刀の需要は高まるばかり。一方では、武士の生き方そのものが終焉を迎えようとしている時代。そんな、激動の世をお涼はどう生きるのか…。非業の死を遂げた父の遺志を継いで、本物の刀を作ろうとするお涼は名工のもとで修業を積みます。お涼は元々素質があるので、名品を作るのですが、本物の刀の域に達することができません。そんな時に出会った坂本龍馬の一言が、お涼の転機となります。その言葉は「一番ええのは 斬れ味抜群で でも 斬れん刀じゃ!」、まるで禅問答ですが、お涼の師匠がその言葉の意味を噛み砕いて解く場面には、目からうろこが落ちました。それは、まさに人斬りが横行する幕末の刀鍛冶師が目指すべき道なのです。そして、この本のもう一つの面白さはお涼の義理の弟のような民吉の存在です。当初、お涼とともに刀鍛冶に励んでいた民吉ですが、こちらは作るほうから転進して刀の使い手を目指すのです。そして、後に新選組結成の契機となる浪士組に加わってしまうのですが、二人の運命の交錯をご覧ください。複雑な世の中で、道を究めようと真剣に生きるお涼に惹かれました。(2012/7/17)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年07月17日