書籍の詳細

時は二千数百年前、韓・魏・趙・齊・燕・秦・楚の七国が争う戦国時代の中国――。趙の大軍が、燕の小城、梁城を落とそうと、国境の易水川岸に軍を構えていた。梁城では、城を守るため城邑防衛のエキスパート集団、墨家から墨者を呼んだ。しかし、やって来たのは、革離(かくり)という名の男、唯一人だった……!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

墨攻のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 中国歴史モノといえば『三国志』と『水滸伝』。それを題材に多くの漫画家が作品を描いていておなじみですね。この『墨攻』は酒見賢一の歴史小説が原案で、舞台は春秋戦国時代。新鮮です! 劉備や曹操らの英傑が活躍した三国時代を、さらに400年以上さかのぼった時代の戦が描かれます。はるかな時間を飛び越えてよみがえる壮大なロマン、ぜひご一読を。
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年11月16日