書籍の詳細

だけど時々、心配になるのは、僕が思っていたよりも、君が僕を愛していること――。財務省の官僚・矢口貴明は、ガンで余命一年を宣告された。彼は決意する。その事実を恋人の明日香には秘密にし、彼女に別れを告げてひとりでホスピスに入ることを……。それは、彼の人生、最後で最大の秘密。奔放な明日香と、彼女を愛するあまりひとり去ろうとする矢口。二人の愛に満ちた日常と別れの切なさを、優しさに満ちた視線で期待の新鋭・御徒町鳩が描ききる!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

象の背中 ~秘密~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 原作は小説ですが、映画、ドラマ、アニメ、絵本等、あらゆるメディアミックスが行われました。中でも面白い試みだったのが、出版社14社が参加したコミック化です。一つの物語が14人の漫画家さんの手で生まれ変わりました。全て読んだわけではないのですが、御徒町鳩さんが漫画化を担当された「象の背中~秘密~」には号泣! 原作とは一味違う、というかほぼオリジナルな内容になっていますが、原作と同じ末期癌になった主人公の残された人生の過ごし方を描いています。涙でモニタが見えない…。御徒町鳩さん、なんとこれがデビュー単行本だそうで、二度びっくり。上手すぎ。期待の新星です!
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年03月19日