書籍の詳細

陶芸家の卵の一色かおる。ギャラにつられてエステのCMに、花嫁姿で出演。そのポスターを見た人気タレント・五所川原邦彦が一目惚れ。かおるはマスコミに追われはじめ…!?「ギョーカイであいましょう」他2編を収録!!人の数だけ恋がある。大人気作「彼女がカフェにいる」の名わき役たちにスポットを当て、コミカルに描く恋物語!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

天然の娘さんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 惣領冬実サンの作品は、絵が素晴らしく綺麗で、ストーリーや伏線の張り方等がしっかりしていて面白いです。
    それだけでもスゴイのですが、結構前の作品でも絵やストーリーに全く古さを感じないのは流石!の一言です。
    惣領冬実サンの名作『MARS』もオススメなのですが、今回は『MARS』より前に書かれた作品をオススメしたいと思います。

    この作品は本編『彼女がカフェにいる』の番外編で、主人公みちるの縁者や脇役達にスポットを当てた、全6話からなる短編集です。
    みちるの祖父母の馴れ初めから、亮平のGF陽子、みちるの友達で「恋愛は弱肉強食」主義の花耶子、次世代の女の子のお話まであり、どのお話もとても面白かったです。
    本編『彼女がカフェにいる』もそうでしたが、短編集の方も相変わらずほのぼのしており、ハッピーエンドで安心して読めました。
    番外編なので、本編を読んでいれば楽しさ倍増!ですが、話の筋は本編を読んでいない人でも楽しめる作品になっています。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年09月03日