書籍の詳細

人は多くの願望を持っている。出世したい。金持ちになりたい。長生きしたい。十人十色の願望―――。そんな願いを叶えつことができるもの。それが『東京爆弾』!それを飲むと能力が三倍になり、寿命も三倍になり、瀕死の状態でもそれを飲むことで蘇生する。しかし東京爆弾を服用するにあたって2つの条件がある。1.東京を出てはならない2.決して感極まってはならない…。その注意を怠ると東京爆弾は破裂する。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

東京爆弾のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 東京でテロが起きそうなタイトルですが、そうではありません。「東京爆弾」という名前の薬の物語です。これを飲むと、常人の三倍の肉体の機能と生命力を得られるという夢のような薬。ただし、服用後は「感極まらないこと」と「東京から出てはいけない」、この2点のいずれかが守られないと、身体が爆発してしまうという恐ろしい劇薬なのです。こんな薬が、現実にあったらどんなものでしょうか。東京から出ないというのは、なんとか守れそうにしても、感極まらないというのはちょっと難しそうですね。何しろ3倍の肉体機能ですら、アレもコレも試したいことばかり。私なんかは、そのたびに感動してしまいそうですから、ちょっと遠慮しておきます。作中、いろんな人物がこの薬を飲みます。欲望に捕らわれた人も多いです。私が好きな話は、煩悩(ぼんのう)の権化(ごんげ)のような大物フィクサーの顛末(てんまつ)とこの薬を飲んだがために老化できないで苦悩する老婆の話です。それにしても、現在の高齢化社会にこの薬が実在したら、大騒ぎになりそうですね。(2011/1/3)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年01月11日