書籍の詳細

一人暮らしの老婦人・大竹梅子(おおたけ・うめこ)が刺殺された。彼女の姪・マリの証言とレストランの領収書から、一色正和(いっしき・まさかず)は犯行時刻が午前1時30分以降だと断定する。しかし梵鐘寺の住職・鐘念(しょうねん)が、檀家の誰かが死ぬと鳴る釣り鐘が午後10時に鳴った事から、梅子が殺されたのは午後10時頃だと話して、捜査は迷走していき……!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

【文庫版】鎌倉ものがたりのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 鎌倉ものがたり
    西岸良平先生と言えば「三丁目の夕日」が有名ですが、それと並ぶ名作が、今年30周年を迎えた「鎌倉ものがたり」です。古都・鎌倉を舞台に、推理小説家の一色正和が怪事件に挑むのですが、ミステリー、ファンタジー、SF、ユーモアなど、さまざまな要素が詰まった作品です。最初はユニークな世界観に戸惑うかもしれませんが、きっとクセになるはずです。わたしは数年前、担当編集者になりましたが、西岸先生と直接やりとりして原稿をいただくという重責を、楽しみながらこなしております。いまなお豊かに広がり続ける作品世界をぜひお楽しみ下さい。
    投稿日:2013年07月26日
  • ほのぼのミステリー…って、矛盾しているとは思いますが、この作品を形容するにはほかに適当な言葉がみつかりません。主人公は推理作家の一色正和と童顔の妻・亜紀子。二人が地元・鎌倉で起こる怪事件を次々と解決する…ことはするのですが、う~ん、やたら人が死ぬにも関わらず、その内容にほんわかとしてしまうといいますか。だってあまりにも舞台仕立てが現実離れしすぎていて、脱力してしまうんですもの。坊主の身代わりをする狸や霊が乗り移って尋問をする刑事が出てきたり、つぶれた映画館が週末になると復活していたり、遺産が気になって生き返るお婆さんとかサーフィンをする鬼だとか、もう何でもあり。また鎌倉という土地もこれらとほどよく馴染む。古都であり、高級住宅地もあり、外国人も多く、かつ古戦場でもある街。浮世離れしたイメージがありませんか。うん? やっぱりミステリーじゃなくて、ファンタジーなのかな? まあ読んで判断してください。(2011/2/18)
    • 参考になった 1
    投稿日:2011年02月18日