書籍の詳細

超能力…その恐るべき力の存在は、一体何を意味しているのか!?耳宇高校の1年生・朱紗真悟(すさしんご)とそのガールフレンド・雪代小百合(ゆきしろさゆり)は、超能力に興味を持ち、ESP研究同好会に入会する。同好会の部長・美剣千草(みつるぎちぐさ)は、彼らに本物の超能力を見せた!超能力は誰にでもある、という美剣だったが…鬼才・永井豪が放つサイキック・ハード・アクション!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

凄ノ王 完全版のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • まさしく「凄まじい」作品
    最初に読んだ時の衝撃は、まさしく凄まじいとしか言い様のないものでした。よく少年誌で掲載できたものです。
    ただ、永井作品で共通するのは、バイオレンスやエロが描かれていてもその根底に作者の強い倫理観、正義感を感じられるところで、本作は特に強くそれを感じる作品です。
    この電子版は、もともと未完であった本作を再編集、完結させた「完全版」として全6巻で刊行されたものを分冊したものです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年05月02日