書籍の詳細

桜ヶ丘中学に入学した花田徹丸(花マル)は、あこがれの同級生・永野が上級生にからまれているところに遭遇するが、何もできない。同じクラスの木元が上級生を柔道技で投げ飛ばすのをただ唖然と見ているだけだった。花マルは木元を自分の捜し求めていたライバルだと思いこみ、彼の入部した柔道部に入る。しかし、柔道をやったことのない花マルには厳しい練習が待っていた。小学校を出たら、男はみんな荒野をめざす。花の中坊・花マルの真剣青春勝負!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

花マル伝のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 続編の『新・花マル伝』と合わせて一気に読んでしまいました! 文句無しに面白い! 序盤こそ物語の進みや主人公・花マルの成長が遅いために、読んでいて“もたつく”のですが、花マルが柔道の面白さに目覚めてからは話が一気に加速し、花マルの成長スピードに負けじとこちらもページを繰る手を速めてしまいます。『花マル伝』は中学生ということもあって「チーム」、つまり部活とその仲間たちに重きを置いた描写が、『新・花マル伝』ではそれが個人中心になり、舞台も世界へとシフトしていくのですが、どちらも試合、心理ドラマが熱い! 何度も涙を浮かべてしまいました。柔道モノの作品には『帯をギュっとね!』 『柔道部物語』など良作が多いのですが、これも自信を持ってオススメ出来る作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年02月02日