ヴァンデミエールの翼 (1)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

ヴァンデミエール、それは魂を宿した自動人形。造り物の身体に生を受けた彼女は、自由と自立を求め、創造主のもとを飛び立つ。あるときは小さな村で少年に導かれ、あるときは興行飛行士の命の代償に自らを差し出して。19世紀のヨーロッパに似た世界を、少女人形が駆け抜ける。飛べない翼を、せいいっぱい広げて。

無料立ち読み(52ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

ヴァンデミエール、それは魂を宿した自動人形。造り物の身体に生を受けた彼女は、自由と自立を求め、創造主のもとを飛び立つ。あるときは小さな村で少年に導かれ、あるときは興行飛行士の命の代償に自らを差し出して。19世紀のヨーロッパに似た世界を、少女人形が駆け抜ける。飛べない翼を、せいいっぱい広げて。

平均評価(4.0 レビューを見る
書籍の詳細

書店員のレビュー

魂をもった自律胴人形・ヴァンデミエール。背中に翼をはやし容姿は天使のようだが、その翼で空を飛ぶことはできない。そんな彼女たちが自由を手に入れようとする8つのストーリー。救いがあるのかどうかよくわからない、そんな話です。ヴァンデミエールは見せものだったり慰みものだったりで、創造主に気に入らないことがあれば壊される存在。そして人間としても機械としても、ましてや天使としても偽物でしかない。そんなまがいものとしての哀しさを自覚しながらも、各エピソードにおいて、心に傷をもつ少年や青年たちとともに、自由への扉を開けようとする。その行動には自立とか自我とかの暗示が散りばめられていて、各物語の結末は心にグサリと突き刺さります。単行本用には最終話として描き下ろされた「ヴァンデミエールの滑走」というストーリーがあり、これなどは特に意味深。読後しばらくして、滑走とは飛び立つ前の助走だよなと気付き、結構切ない気分になりました。(2011/1/28)
  • 参考になった 0

ユーザーのレビュー

(4.0)

投稿日:2017年02月19日

魂はあるけど自由のない人形ヴァンデミエール

鬼頭莫宏氏の描く少女は、「ぼくらの」でも「なるたる」でもやたらと華奢で細身で、作り物の人形のようなのだが、本作ではまさにそんな鬼頭莫宏氏ならではの細身な少女が正真正銘作り物の人形だった。これがまた、魂を持った自律人形だけど、壊れていて飛べず、創造主の言うなりで自由がない。う~む、このブラックな感じ、「ぼくらの」や「なるたる」に通じるところがある。というか、「なるたる」に出てくるハイヌウェレを思い出させる造形。
魂はあるけど自由がない人工物と、それを救おうとする少年の物語が心を打つ。
自律人形ヴァンデミエールという主題は同じながら、それぞれの話は独立したオムニパス形式。かと思いきや、最終話はある一話と繋がっていることを連想させるような内容だったり。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。