書籍の詳細

不幸な女囚の冤罪を晴らすため、姫君お竜が変幻自在に悪を討つ!大江戸の光と闇を鋭く描く傑作痛快時代コミック、ついに登場!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

花かんざし捕物帖のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • フルカラー、全編
    書籍だと2巻までだったのかな?
    フルカラーになって最後まで描かれています。
    花魁の白粉と肌との色表現とか、変なところに感心してしまいました。

    ストーリーは、原作の功でしょうが、一見、なんの関わりも無かったかのように思えた事件が最後に集まって大事件に……というのは、お見事。
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年08月17日