書籍の詳細

キム・ジン一等兵は、最前線での北朝鮮特殊工作員掃討作戦に投入されて、鬼の上官のマ・テホ兵長や部下のキム・テグ二等兵と、生死を賭けた緊張の日々を送っていた。しかし生き残った北朝鮮工作員は精鋭中の精鋭で、韓国の予備兵3人を殺して逃走を続けていた。事態が一向に好転しないことにマスコミが騒ぎ出す中、2人の工作員が民家に潜んでいた。だが、戸別訪問で特戦兵は目ざとく2人の存在を察知すると、直ちに包囲殲滅作戦命令が下された!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

軍バリ! 韓国兵役実戦部隊のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 国境付近での摩擦が絶えない北朝鮮と韓国ですが、火ダネが大きくならないことを祈るばかりです。 『軍バリ! 韓国兵役実戦部隊』は韓国の徴兵制度で集められた若い軍人たちの物語。原作者のイ・ヒョンソクは実際に徴兵制度を体験し、しかも実際の体験がエピソードの下敷きになっているという。銃や手榴弾の実践的な使い方や軍隊ならではの上下関係の厳しさ、そして何よりも生か死かの極限状態がリアリティを伴った圧倒的な迫力で迫ってきます。ストーリーは、北朝鮮の武装特殊工作員が韓国に潜入して、韓国の部隊と交戦状態になるという、冒頭からスリリングなシーンで展開されます。韓国と北朝鮮が「休戦」状態で、いつ大きな紛争に発展してもおかしくないという事実をあらためて思い知らされます。そして、善悪は置いといて、徴兵制度の体験はその後の人生に少なからず影響をもたらすのだろうなと感じました。(2010.11.28)
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年12月07日