関ヶ原 英傑伝 ~西軍の殉将たち~

524円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

「天下分け目の関ヶ原」に西軍として参戦した武将たちは、何を考え、どのように行動したのか!?石田三成、大谷吉継、直江賢続、三武将の魅力を余すところなく収録。義に従いし男たちの戦いを見よ!!

無料立ち読み(18ページ)

カゴに追加 524 円(税別)

「天下分け目の関ヶ原」に西軍として参戦した武将たちは、何を考え、どのように行動したのか!?石田三成、大谷吉継、直江賢続、三武将の魅力を余すところなく収録。義に従いし男たちの戦いを見よ!!

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: 関ヶ原 英傑伝 ~西軍の殉将たち~
  • 著者名: 岡村 賢二
  • eBookJapan発売日: 2007年06月01日
  • 出版社: リイド社
  • 連載誌・レーベル: SPコミックス
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 227ページ
  • 立読ページ数: 18ページ
  • ファイルサイズ: 35.3MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガヒーロー歴史戦争SPコミックス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

書店員のレビュー

タイトルに「関ヶ原」を冠していますが、合戦が見せ場の作品ではありません。石田三成、大谷吉継、直江兼続の三人の将が関ヶ原合戦になだれこんでいく、それぞれが辿った運命の流れをあぶり出しています。三成は、立場としては西軍の大将であるべきはずなのに、なぜ加藤清正や福島正則らに反感を持たれ統率を欠いてしまったのか。東か西かで揺れる吉継が、圧倒的な不利を予測しながらも西軍に着いたのはどうしてなのか。そして、兼続が家康に対しての痛烈な批判を込めた「直江状」を認め、家康の逆鱗に触れ、それが関ヶ原への導火線になったこと…。いわば、この漫画は関ヶ原合戦の因果関係の肝を描いた作品です。未読の時代劇ファンにもおすすめです。(2009.9.5)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。