書籍の詳細

宇宙暦昭和47年4001・24――。旅芸人の一行の宇宙船が、惑星イルスタのお祭りに向かう途中で正体不明の宇宙船と衝突事故を起こす。一行は無事だったのだが、相手の宇宙船は大破し、惑星アニカに墜落してしまう。生存者はただ一人の赤ん坊だけだった。彼らは赤ん坊の母星からの救助が来るまで惑星アニカに留まり、その子の家族を演じて成長を見守る事にする。そして4年の歳月が流れた……。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

宇宙家族カールビンソン SC完全版のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 未完の名作、完全版
    「超」個性的なキャラクターが織り成す家族模様(笑)。
    掲載紙の休刊で未完となり、単行本も途中までの刊行となっていた本作、出版社を変えて「完全版」として復活です。
    加筆修正、裏話的なコメント有りのまさに完全版なのですが、未完であることはいかんともし難いところ。
    内容については、今読んでも危険なほど毒を含んだギャグ(パロディ)は最高で、おすすめの一作です。
    実はパラレル的な新シリーズとして、再スタートしたのですが、そちらも単行本一冊で中断してしまっているようで残念(ぐっすし)。
    (ちなみにタイトルは「宇宙家族ロビンソン(原題Lost in space)」という、宇宙版「ロビンソンクルーソー」的な海外SFドラマのパロディ)
    • 参考になった 2
    投稿日:2015年08月17日