絵本江戸風俗往来

編:菊池貴一郎/鈴木棠三

平凡社

ジャンル:学術・学芸

1400円 (税別)

14ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2000年12月27日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

絵本江戸風俗往来の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

絵本江戸風俗往来の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

東洋文庫に加えられたのが昭和40年(1965年)、原本が刊行されたのが明治38年(1905年)という入手困難な貴書です。4代目広重といわれる著者は自分の目でみた江戸の市井の雑事を絵と文で綴っています。しかも、1月に始まり12月に終わるという歳時記的な編集で季節ごとに江戸の年中行事を体験できるようになっているのが、実に便利。たとえば7月は七夕の竹売です。ビニール製の七夕飾りをスーパーで買う今とは大違い、「竹や竹」の声が響かざるところなし、だった。民俗行事としての七夕は水の祭で、7月7日は江戸中で井戸浚いを挙行したそうです。大名から長屋の共同井戸まで例外なく井戸の大掃除を行った。折々の行事の由来、私たちの生活文化の知識がつまった一冊です。(2009/7/3)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。