書籍の詳細

坂本家の次男・秋良の悩みのタネは「家族」。一見清純派美少女の母。文学青年風の父。モデルのような兄。美少年と見紛うハンサムな姉。そして人形のように愛らしい妹……。そう、坂本家は近所でも評判、人の集まる場所では常に脚光を浴びる超絶美形家族なのだ。それだけに「平凡な」秋良の想いは複雑で……。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ファミリー・コンプレックスのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • さてさて、勝手に「つだみきよ特集」第2弾です!! 今回は『ファミリー・コンプレックス』のご紹介。こちらもご存知、『プリンセス・プリンセス』に登場する、委員長・坂本様が主人公のお話です。時系列的には坂本様が中学2年生の頃の話なので、プリプリよりも前ですね。美形ぞろいの家族の中でだた一人、平凡な容姿の主人公(次男・秋良)の悩みを描くファミリーコメディ作品。たしかにまわりの家族みんなが美形で自分だけ平凡だったら、必要以上にコンプレックス感じちゃいますよね。でも、実は家族みんなに一番溺愛されている秋良くんなのでした☆ 一風も二風も変わった家族ではありますが、家族っていいなあ~としみじみと思える、とってもほのぼのとした作品です。心が温かくなります(´ω`*)。そのほか、長男・長女・次女、それぞれの美形ゆえ(?)の悩みもオムニバス形式でコミカルに描かれています。いや~、美形も色々と大変なんですね~…(笑) 誰だってコンプレックスの一つや二つありますよね。でも、こんな家族だったら毎日楽しそうですね♪ 私は美形すぎるがゆえに全校生徒に崇拝され、友達がいないブラコンのお兄さんが好きですw つだみきよ先生のお勧めの一品!!
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年09月17日