書籍の詳細

酒を飲み始めたら最後、朝まで飲まなきゃ気が済まない畑中広志はコピーライター。困難にぶち当たりながらも、常に世間をアッと驚かせる名広告を作り上げる売れっ子仕掛け人なのだ。業界内の裏事情を織り混ぜながら、痛快に生き抜く畑中の姿を描いた、広告業界人必見の物語!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

AD物語のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • “AD”はテレビ業界の「アシスタントディレクター」ではなく、「ADVERTISING(広告)」のこと。広告業界が舞台のこの作品が描かれたのは1980年代も後半の、バブル期真っただ中。さぞや華やか&チャラついたものだろうという先入観で読んだのですが、意外や意外、全体的には浮ついているものの、人情もののようなきっちりした話も多いのでありました。また、僕が国友やすゆき先生でイメージする作風は、『新・幸せの時間』のような“超”濃厚な男女のカラミシーンが多い恋愛・ビジネスものだったので、「こんなライトな作品も描いていたのか」という驚きも。減収に次ぐ減収が報じられる今の広告業界とは違うかもしれませんが、“ギョーカイ”らしさを存分に楽しめる作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2009年11月17日