書籍の詳細

転校先の男子高はなぜか大歓迎ムード。河野亨は知らなかった。その学校には「姫」という制度があって、選ばれた者たちは男ばかりの生活の潤いとなるために、イベントのたびに女装するということを……。そしてその白羽の矢が自分にたてられるなんて……。つだみきよのハイスクール・グラフィティ!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

プリンセス・プリンセスのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • いよいよ最終回!勝手に「つだみきよ特集」第3弾は!お待たせしました!ご存知!アニメ化もされた大人気作品『プリンセス・プリンセス』です!男子校の「姫」制度により、その美貌から「姫」に選ばれた3人の姫たちの物語。そもそも「姫」制度ってなに…!? お答えしよう!◎-◎ 姫制度とは、男ばかりの学園生活の中、生徒たちに活気と精神的な潤いを与えるために設けられた制度のこと。容姿端麗な一年生が一年間、女装をして校内行事や部活動の応援などに借り出されます。「姫」の負担は大きいですが、学校から「姫予算」が大きく割かれており、姫になると色々とお得な特典があるのです。…ふむふむ β(□-□ )。毎度のことながら、つだみきよ先生は着眼点が違いますね!!「男子校ってこういうところなのかな!?(*゚▽゚*)ドキドキ」と、腐った乙女に間違った知識を植えつけてしまいますね!(私もその一人ですw)この特殊な制度を知らずに転校してきた内面に様々な悩みを抱える主人公・河野亨が「姫」に選ばれ、「姫」仲間達と共に行動していく中で、自分らしさを獲得していく、男子校青春グラフィティです。登場人物は美形だらけで目の保養になります!そして、本日発売の『プリンセス・プリンセス+』はプリプリの翌年の物語です。もちろん旧「姫」の3人も登場するので、こちらも必見!! 是非合わせてご覧ください!! 男女問わず楽しめる作品です!
    • 参考になった 2
    投稿日:2010年09月24日