書籍の詳細

日本初の公営カジノでの「第1回カジノ・ギャンブラー世界一決定戦」も山場を迎えた。それは、過去のトラウマや人質までも利用する「ハデス」対、悪徳ギャンブラーの一掃をめざす「マイダス」の戦いでもあった。逆転につぐ逆転!息が詰まる勝負の行方は?痛快ギャンブルアクション・完結編。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

マイダスの薔薇 黄金のギャンブラーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 薔薇の名前であり、伝説の王様の名前でもあるコードネームを冠したチームが活躍するギャンブルアクション。美女に金、そしてケレン味もたっぷりの王道路線であり、ゲームのルールに疎くても素直に読めます。前半はキャラ紹介的なストーリー。登場人物の設定にはなかなか味があって、主人公・通称ボーイは驚異的な動体視力と暗算能力の持ち主。アンクルことバロンは指先に第三の眼をもつ男。レディことスカーレットはルーレットで赤が出ることを予知することができ、実はもうひとつの秘密も。そして博徒風のグランパこと銀蔵。彼らがその技術を駆使して悪徳同元を退治し、それが後半の世界一ギャンブラー決定戦への布石となる構成です。前半は必殺仕事人的な流れだっただけに、この後半への場面展開はちょっと意外。ですがそれぞれの通り名から連想されるファミリー要素をふんだんに盛り込んで、最後はうまくまとめてくれてます。ま、私にとってうれしいのはイカサマの手口などをきちんと説明してくれているところなんですがね。麻雀でこっそりとか、宴会で使えないものかなあ、なんて…。(2012/1/27)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年01月27日