書籍の詳細

お小十人組とは!将軍の御側に陰のように添い従い、常にそのお命を守るべく体を張る重要な職務である。もちろん精鋭中の精鋭しか抜擢されることはない。厳しい科挙(試験)に合格した者のみ、その任に就ける名誉のある職務なのだ。しかし何故か、やる気も無く女の事しか考えていない大久保永遠が合格してしまい、一大事!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

将軍のボディーガードのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 侍がスポーツ用具を身につけているこの表紙。何だか不思議じゃないですか? 目次を見ると、時代劇のはずなのに、サブタイトルは“いっぷす”“かうんた~”“ちぇんじあっぷ”……。内容は、ある侍が将軍の側近たる「お小十人組」になり、将軍警護にあたる、というタイトル通りのもの。ではなぜスポーツ要素が散りばめられているのか。それは、様々な場面での侍の心情や状態を現代のスポーツで例えているからです。たとえば“いっぷす”では人を斬れなくなった侍を説明するのにゴルフのパットを、“かうんた~”では一撃必殺の突きの威力を示すためにボクシングを、といった具合です。それまで時代劇の絵で進められていたところに、急に現代のスポーツ描写が入ってくるので妙な違和感があるのですが、その力技っぷりはさすが小池一夫。ただ、やはり斬新すぎたのか2巻以降ではそうした描写がグンと減り、シリアスな時代劇に。それはそれで面白いんですが、やっぱりちょっと残念だな……。
    • 参考になった 0
    投稿日:2009年09月15日