書籍の詳細

戦場に到着したトルフィンはグズリーズ救出のためにヨムスボルグに潜入した。そこはトルケルの軍勢とヴァグンが率いたヨーム戦士団が包囲する世界最強の男達が集う場所。そして、父の仇・フローキが支配する要塞。

総合評価
5.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ヴィンランド・サガのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 前作『プラネテス』も宇宙を舞台にしたスケールの大きな(しかし個人的な)愛の話でしたが、続く本作もまあスケールが大きい。そして圧倒的に話し運びがうまい! ページを捲る手が止まりません! 父親に憧れる主人公・トルフィン。しかしその父はヴァイキングに殺され、トルフィンはいつかその仇を取ることを誓い、父を殺した男の部下となる……。もうこの導入だけでワクワクしませんか。バックボーンがきちんと描かれたキャラクターたちはどれも魅力的で、実際にいたのでは?と思わせるリアリティがあります。アメリカの連続ドラマで実写化とかしてくれないだろうか……ハマりそうな気がするんですが。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年04月06日
  • 間違いなく日本トップレベルの画力
    プラネテスの時から絵の上手い作者さんでしたが、この漫画の途中から覚醒したのかってくらいに絵がクソ上手くなってます。
    もちろん漫画自体も凄い面白いです。
    ネタバレしたくないので細かく言いませんが、展開の妙が素晴らしく予想も出来ない話の流れに、ただただ引きずり込まれてしまいます。
    読もうかどうか迷ってる人がいるなら、迷わず読めと言える作品です。
    • 参考になった 9
    投稿日:2016年12月04日
  • いよいよサッカーのワールドカップが始まりますね。試合開始を待ちわびる間、どうぞ弊社の電子書籍をお楽しみいただければと思います。ところで試合中って観客席もちょくちょく映すじゃないですか。あれを見るのが結構好きなんですよね。ユニークなかぶり物をした人たちをチェックします。特に【お国柄】を色濃く反映しているものがいいですね。日本代表の試合だとちょんまげのカツラをかぶっている人がいたり、メキシコ代表の試合なんかだとソンブレロをかぶった人がいたりします。個人的にはデンマーク代表戦で見られるヴァイキングのカブトのかぶり物が一番好きですね。側頭部からウルトラの父みたいな角が生えているあれです。単純に強そうですし、格好いいですよね。というわけで、ヴァイキングたちの戦いの日々と北海帝国の成立を描く『ヴィンランド・サガ』のご紹介です。とても重厚感のある話しですね。とは言っても、非常に読みやすく、世界史が苦手だった方でも物語としてきちんと楽しめます。どういう結末になるのかまったく想像できませんね。というわけでワールドカップ本戦でのデンマーク代表とともに、本作にも頑張ってほしいと思います! えっ、デンマークは出場しないんですか!? じゃあデニッシュロールを食べながら、ぜひご一読くださいませ。
    • 参考になった 2
    投稿日:2014年06月10日