書籍の詳細

極限まで発達したインターネット世界。かつて、そこは『超構造体』に内蔵されたシステム(BIOS)上で起動する『統治局』(OS)が、正規アクセスする人間の要望を完璧に叶えていた理想世界だった。だが、破局が起こり人々はアクセス権を失い、『セーフガード』(ウイルスチェッカー)が容赦なく『駆除系』で不正規アクセス者を排除する、危険な世界へと変容してしまう。探索者・霧亥(キリイ)は『統治局』への再アクセスを可能にするために何千フロアも超構造体を放浪し、『感染前』の『ネット端末遺伝子』を求める。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

BLAME!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • かなり好みが分かれる作品かも
    壮大な世界観ですが、作中にモノローグはおろか台詞もかなり少なく2巻辺りまでは正直何をやっているのかいまいち分かりません。3巻辺りから何となく話の筋が掴めてきますが、漫画を読みながら考察したり行間を読むような読み方が好きでない人には好みの作品ではないかもしれません。
    詳細な世界観の説明がほぼ無いとはいえ主人公の目的は物語当初から判明していて行動に一貫性があり、作中世界の構造物間の距離等の具体的な数値は何度か登場するため全てが曖昧なストーリーという訳でもなく、きちんと話の核というか掴みどころはあります。
    普段はどちらかというとしっかりと伏線回収して明解に終わるような漫画が好きなのですが、この作品は話の全貌がいまいち掴めないながらも苦にならず全巻一気に読めた珍しい作品でした。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月18日