【最新刊】いよっおみっちゃん

山田芳裕

講談社

ジャンル:青年マンガ

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2006年11月24日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

いよっおみっちゃんの内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

いよっおみっちゃんの詳細

  • 書籍名: いよっおみっちゃん
  • 著者名: 山田芳裕
  • eBookJapan発売日: 2006年11月24日
  • 出版社: 講談社
  • 連載誌・レーベル: モーニング
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 267ページ
  • 立読ページ数: 17ページ
  • ファイルサイズ: 36.6MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガアクション人情時代劇モーニング
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書店員のレビュー

一覧を見る

「週刊モーニング」(講談社)で連載している『へうげもの』が佳境を迎えつつある。作者の山田芳裕の名前がブレイクしたのは『デカスロン』だと思うが、本作は『へうげもの』前夜ともいえる作品。本作があったからこそ、『へうげもの』は生まれたのではないか、そんな気すらする。『へうげもの』は「生か死か、武か数奇か、それが問題だ」の言葉通り、出世欲と物欲の間で揺れる古田織部を主人公に、古織周辺の人物を古織以上に精緻に描き出していく。一方、本作は自分よりも強い男に抱かれる(嫁になる)夢を持つ天下無双の女剣士・おみつを主人公に、おみつ暗殺を命じられた定吉や、白と黒がはっきり分かれた町・大竹町と灰色(うまずい→腐りかけが一番美味しいという表現をとっている)の町・梅ヶ原の2つの町に住む人物を描いていく。殺陣やアクションシーンには、時に『へうげもの』以上と思えるほど自由で豪快なコマ割りやアングルが登場するが、本作の定吉は、まさに古織のプロトタイプのようなキャラクター。作者はこの雰囲気を持つ人物を主人公に据えて『へうげもの』を構想したのではないかとさえ思える。『へうでもの』は長編でなかなか一気に読むのは難しいかもしれないが、本作は全1巻と読みやすく、単純な線だけど、よくみると精緻で上手い、山田描線がほとばしった画面は『へうげもの』へとつながる作品としてぜひ楽しんでほしい。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。