書籍の詳細

群雄割拠、下克上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。織田信長(おだのぶなが)の家臣・古田左介(ふるたさすけ)。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千宗易(せんのそうえき=利休)から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。生か死か。武か数奇か。それが問題だ!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

へうげもの TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE. Hyouge Monoのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 新戦国物語
    散々語り尽くされた織田豊臣徳川時代のストーリーですが、各有名武将を始めとする当時のセレブ達が皆はまっていた数奇(すき)というライフスタイルにスポットを当てることで全く斬新な歴史物語に仕上がっています。
    歴史好きな方には或いはお叱りを受けそうなほどの極端なキャラクター設定も、逆に歴史にあまり興味を持ってこなかった方々にとってはとても生き生きと感じられてかえって読みやすいと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月15日