書籍の詳細

地球人による環境改造(テラ・フォーミング)から1万年……科学文明の記憶は失われ、かつて「金星」と呼ばれた惑星は、遺伝子操作によって生まれた巨大生物がうごめく緑の魔境と化した。スズシロ村の若者・ヒルコは、初恋の女の行方を追ううち、いつしかこの世界の秘密に迫っていく──。

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

暁星記のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 日本が誇っていいハードSF
    細部まで作りこまれた、すばらしいハードSFです。
    菅原氏は寡作ではありますが、とても深い洞察を秘めた作品群を世に送り出しています。

    時には編集部と対立までしながら、長い年月をかけて完成させた本作。
    金星を舞台とし、民俗学的な洞察から、やがて人の魂や癒しへと言及していく本作は、何か人の精神の成長そのものを思わせる部分があります。

    描きこまれた細部を堪能しながら、じっくり読んで頂きたい名作です。
    • 参考になった 7
    投稿日:2015年10月29日
  • いつも超お世話になっております! イーブックジャパンのシダです!! ついに超名作SF『暁星記』が発売になりました!!!!!!!!! 血沸き肉躍るあらすじがこちらになります→【環境改造<テラ・フォーミング>から1万年……科学文明の記憶は失われ、かつて「金星」と呼ばれた惑星は、遺伝子操作によって生まれた巨大生物がうごめく緑の魔境と化した。スズシロ村の若者・ヒルコは、初恋の女の行方を追ううち、いつしかこの世界の秘密に迫っていく──】……な、なにこれ内容わかってるのにワクワクしてくる!!! “テラ・フォーミング”とか“巨大生物”とか“魔境”とか(;´Д`)ハァハァハァハァ……そそる素材が満載すぎです。そんな『暁星記』ですが、正直どっちかといえばマイナー作品の部類にはいるのだと思います。絵ヅラだけ見て、なにわ小吉さんが描いていると間違われる方もときにいらっしゃるようです。でも私の中ではこの『暁星記』は、『寄生獣』や『風の谷のナウシカ』に並ぶ神作品なんですね~!! この機会により多くの方に知っていただけると嬉しいです。 趣味の合う方はぜひどうぞ! 特に、この2作が好きで『暁星記』をまだ読んでないというあなたは超ラッキー☆パーソンです。これからあの時間を堪能できるんですからね~。うらやましい。しかも一気読みできますし! そう~、この漫画、なかなか続きの巻が出なかったんですよ。私は連載時から楽しみにしていまして、第2巻のとある場面で【ネタバレ】がまさか【ネタバレ】てしまうあの衝撃のシーンを見てから、結末を読むまで死ねない漫画となったのはいいのですが、まあコミックスが出ないこと出ないこと。。。ラスト3巻分ぐらいは、なんと雑誌連載がなくなってコミックス描き下ろしに。それが年に一冊出るか出ないかのペースですからね。。。その分、思い入れが醸成されてしまったかもしれません。待たされすぎてもう客観的な評価なんぞできないよ! 当時は本当に悶絶ものでした。「次は冬!」とかいってるくせに見事に出ないしw ちゃんと終わらせてくれるのか、それはもう恐怖でした。。。同じようなペースでやっている漫画も、他にもあることはあると思いますがw それにしても、ラスト3巻の足かけ3年。。。長かったー……3年ですよ!? 中学入って卒業しちゃうよ!? 青春の一ページ何十ページもできちゃうよー!? 圧倒的ボリュームの読み応えになっちゃうよー!? KATANA創刊3周年特大号は全623ページだぜー!? ワイルドだろーー!? ……そういうわけで、この度やっと『暁星記』をご紹介することができました…感無量です(遠い目) どうもありがとうございました。(2012/6/5)
    • 参考になった 3
    投稿日:2012年06月05日