書籍の詳細

二宮光は、誰にも打てない魔球を投げることができる超高校級の左腕投手。甲子園を賭けた試合を前に左腕を負傷した二宮は、それでも試合終了ぎりぎりにグラウンドに現われ、渾身の力で魔球を放る!一度は決まった甲子園行きも相手校のエース・中村の陰謀によって取り消されてしまう…!!しかし二宮の実力はプロの世界にも知れ渡り、なんと憧れの巨人軍からもスカウトが――!!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ちかいの魔球のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • オススメのスポーツ漫画・巨人の星の原点
     この血と汗と涙のにじむ妙に暗いスポ根漫画は、確実に後に「巨人の星」に受け継がれていった、少年マガジン系野球漫画の原点と言って良いのではないでしょうか。
     しかも私としては、父親や親友との対決などと言った野球以外でのどろどろした部分が少ないので、この漫画の方がおすすめです。
     同時に、この作品は「あしたのジョー」や「紫電改のタカ」にも共通するちばてつや漫画の美学も感じさせてくれます。
     
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年07月13日