書籍の詳細

サッカー日本代表に選ばれた、岩波の治療を内密に頼まれた蘭。足の激痛の原因は骨に入っている亀裂だった。今でも無数に入っているボルトの間に、またボルトを入れて骨を固定するしか、岩波がサッカーを続ける道はない。W杯にかける岩波は、二度と足が使えなくなるかもしれない危険を承知で、手術を受ける決心をするのだが…!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

スポーツ女医 八神蘭のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 医者を主人公にした作品は数あれど、“スポーツドクター”を主人公にしたものは今作くらいではないでしょうか。スポーツ選手にとって、手術というのは受けただけでは意味が無く、手術前と同等、いや、それ以上のコンディションを得てこそ初めて成功と言えるもの。それを考えるとスポーツドクターには普通の医者とはまた異なる重圧があると言えるかもしれません。しかし、だからこそそこには普通の医療ドラマとは異なる物語が生まれます。この作品で主人公・蘭の元を訪れるのは、いずれも様々な事情を抱えた選手たち。家族や友人のため、また自らの夢のため…理由は違えどその根底に流れるのは「まだやれる」という強い意志。蘭の手術を受けた彼等は成功を掴むのか、それとも…ここで多くは語りませんが、手術の成功も失敗も、全てを決めるのはその意志であるとよくわかる作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2009年06月09日