【最新刊】大江戸 酒道楽

ラズウェル 細木

リイド社

ジャンル:青年マンガ

648円 (税別)

7ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2006年07月21日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

大江戸 酒道楽の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

大江戸 酒道楽の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

もうすぐ食欲の秋。夏バテで衰えた体力は、美味しい料理で回復したいですね。料理マンガの大家・ラズウェル細木が描いた『大江戸 酒道楽』は、江戸時代に庶民が食べていた料理をテーマとした異色作。酒を売り歩く大七とお富久(おふく)夫婦の日々の暮らしで口にする料理にスポットが当てられますが、お富久にとって厄介なことは、大七が大の呑み助であること。だけど、呑み助であるがゆえに、肴や料理に対して舌が肥えています。雪がシンと降る寒い夜に、鍋でやまくじらをぐつぐつぐつと煮て、おちょこ片手に「いやあ、こいつぁ堪えられねえや」…いやあ、読んでいる方もたまらなく一杯飲りたくなります。あっ、やまくじらって猪肉(ししにく)のことです。掘って、すぐでなければ味わえない筍(たけのこ)の刺身や江戸前の蝦蛄(しゃこ)等、他にも食欲を刺激する料理がたくさん登場します。江戸時代の市井の人が、いつもこういった料理を食べていたわけではないのでしょうが、ひょっとしたら現代よりも食文化は豊かだったのではないかと思ってしまうほど。カラー作品だから料理のリアリティも感じられます。秋の夜長に呑んで、じゃなかった読んでみてはいかがでしょう。(2011/9/20)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。