書籍の詳細

S県の海辺、網手町の平津神社には、代々伝わる「海人の卵」があった。言い伝えでは、御先祖が海辺で「卵」を拾い、それを探しに来た半人半魚の海人と「約束」をしたのだという。その約束が交わされて以来、海は静まり豊漁という恩恵にあずかっている…。しかし、23代目の神主・洋造は、町の発展を願い、古い因習を捨て去ろうとする。息子の洋介は…!?「千年女優」の監督としても名高い今敏の傑作が登場!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

海帰線のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • これからも多くのすばらしい作品を世に送り出すはずだった人物が、唐突にこの世を去ってしまいました。まだ46歳。かつて、「妄想代理人」というアニメ作品で少しだけPRの手伝いをしたということもあり、他人事とは思えず、言葉もありません。そんな彼が本格的にアニメ制作に進出する前、漫画を描いていた時代の作品が、一作だけeBookにあります。リゾート開発に揺れる海辺の町。その町に住む開発推進派の神主の息子と、神社のご神体である海人の卵を巡る物語です。絵柄は漫画の師である大友克洋に酷似。細部にこだわり、コマを細かく割って大ゴマを極力抑えるタメのある構成は、ムービーカメラを通して見たような立体的雰囲気があります。また彼の作品の多くに見られる日本の風景や風習が丁寧に描写されていて好感。宮崎駿の「風の谷のナウシカ」のように、アニメと並行して漫画を描いても、良い作品が生まれたんじゃないかな、と思います。やっぱり、死ぬには早過ぎですよ…。(2010/9/3)
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年09月03日