書籍の詳細

武田俊は学校でいじめにあっていた。しかし、同じ学年の愛と出逢い、高校生代打ち集団「ZOO」に入団。危険牌察知能力の高さから、“兎”というコードネームをもらい、秘めていた才能を徐々に開花させていく…!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

兎 -野性の闘牌-のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 1996年スタートから17年、今もなお多くの熱狂的ファンからの支持を得ている長期連載マンガです。近代麻雀では「アカギ」に匹敵する大ヒットをかっ飛ばしてくれました(笑)。本作は兎、キツネ、ネコ、ジャッカルなど、それぞれ性格・才能にあったコードネームをリーダーである園長につけられた男女の高校生たちが、ヤクザなどの裏組織の人間たちと麻雀勝負を繰り広げます。間もなく物語も最終巻ファイナルへ向け、クライマックスに突入してますので、ぜひ既刊を読んで「兎」の世界観を覗いてみてください。
    投稿日:2013年07月26日