いがらしみきお

竹書房

ジャンル:少年マンガ

533円 (税別)

6ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2006年04月14日

ぼのぼの 1巻の内容

シリーズ書籍一覧 43冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

ぼのぼの 1巻の詳細

スペシャルレビュー

一覧を見る

ぼのぼの

多分、タイトルはかなりの方が知っていると思います。そして、本棚に何冊か単行本をお持ちの方もいらっしゃると思います。昔読んでいたけど、最近は読んでいない、単行本も途中まで…という方に、是非電子書籍版をお勧めしたいです! 場所を取らないので、気軽に、ぼのぼのの世界に入れます。最近はクレーンキャッチャー、ぬいぐるみでも、世代を超えて人気が再燃中。原作を知らないという方もウェルカムです!

書店員のレビュー

一覧を見る

私が小学生の頃の事。
友達の家に遊びに行った時に、そこんちのお兄ちゃんが読んでいた漫画が気になって、こっそり手にとった4コマ漫画。それがぼのぼのでした。
当時はかわいいと思って憶えていたのですが、今読んでみると小学生にはちょっとシュールな漫画のように思えます。
さまざまな動物たちが暮らす森。この森では今日も主人公のぼのぼのが少ない脳みそを振り絞って考えに考え抜いて平和に暮らしています。
好きなキャラはぼのぼののお父さんの友達のシャチ(名前失念)で、お父さんをぶっ飛ばすシーンがとても斬新なアングルで描かれていました。
実はストーリーもほのぼのと談笑していると思いきや、突如動物の世界ならではの弱肉強食な展開もあったり、いがらしみきおならではの世界感が楽しめます。
  • 参考になった 1

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(4.0)

投稿日:2016年04月03日

「いぢめる?」「しゅりんく!」が懐かしい

きっかけは良く覚えていないのですが、「ちょっと変わった、面白いマンガがある」と聞いて読み出した記憶があります。当事、まだ単行本が出たばかりでしたが、シマリスくんの「いぢめる?」やプレーリードックくんの「しゅりんく!」などが私のまわりでは流行ったりしてました。
ラッコのぼのぼのがお友だちのシマリスくん、アライグマくんたちや、スナドリネコさん、ヒグマの大将などの大人たちとすごしながら、いろいろなことを学んでいくお話です。
ギャグマンガですが、ぼのの純朴で時に哲学的なまでの問いに、周りのキャラたちがそれぞれの生き方で答える様が心に残る作品です。
他にも「ぼののおとうさん」「しまっちゃうおじさん」など、魅力的なキャラクターが数えきれないほど登場します。
電子版は画質が悪いのが難点(ピンぼけ写真みたい)。
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。