書籍の詳細

学校へ通っているが、給食費が払えない百目。それというのも両親がいないせいだ…。百目は死んだ両親に会うため、魂の国の行き方をメフィストに教えてもらうが、現れた怪物にソロモンの笛ごと食べられてしまった。笛を失った悪魔くんが呼び出した魔物は怪物と合体し、東京は大騒ぎ。事件の解決に乗り出した悪魔くんとメフィストは、天の岩戸が崩れて妖怪が出て来た事を発見する!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

悪魔くんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 鬼太郎シリーズに次ぐ、水木しげるの代表作といえばこれですね。ほかに貸本時代の作品集「水木しげる貸本傑作選 悪魔くん」というのもありまして、こちらはその後年に執筆されたもの。実はストーリーやテーマの部分では、前者の暗い雰囲気のほうに惹かれる部分が多いのです。しかし、やや一般的にアレンジされた後者のこちらを選んだのは、圧倒的な描写力、特に絵画的に描かれるようになった背景にシビれたから。貸本時代に比べて月日がたっているので、描写力が上がるのは当然なのかもしれませんが、この質感のある背景のド迫力は何なんでしょう。スクリーントーンを使わず(この時代にはなかった?)、描き込みだけで表現された濃淡。真骨頂である点描の美しさ。巨大な妖怪や異様にうねる蔓、異世界の風景などは匠の技の賜物です。それでいて、あのペーソス感のあるメインキャラと平行して存在しているからすごいよなあ。悪魔くんは千年にひとりの天才という設定ですけど、それは作者にもあてはまるというのは言い過ぎでしょうか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年06月11日