書籍の詳細

裏町のバーのカウンターの向う側にいた男の生活が、不意の来客で突然停止した黒部トシオ……亡き父の死の秘密とUボートに積載されているという謎のM資金を追って氷海に潜る。彼らを襲う敵は!?その裏に隠された恐るべき事実!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

南アラスカ海流のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「Uボート」といえば、第二次大戦時のドイツの有名な潜水艦です。映画や小説等、数々の作品で描かれているのを考えると、当時は相当な性能を誇っていたのでしょうか。関川夏央と松森正の黄金コンビの『南アラスカ海流』では、沈んだUボートに積んであった荷物を引き揚げることをテーマとして描かれています。大戦中にドイツから北まわり…北極海で日本に向かったUボートの中には、何が積まれていたのか…財宝なのか有名なM資金なのか詳述は避けますが、結果には裏切られませんので期待して読んでください。それにしても、戦時下とはいえ一面氷の海を長距離潜行するなんて、考えただけでも息が詰まりそうです。(2011.8.21)
    • 参考になった 0
    投稿日:2011年08月30日