書籍の詳細

果てしないラーメンの魅力にとりつかれた男たちが、“理想の一杯”を求め、日々闘い続ける……。エセ・グルメな店も客も、すべてを粉砕する衝撃の“食”バイオレンス!!ふざけた味は、もういらない!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ラーメン狩りのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ラーメンというテーマをなぜかハードボイルドなタッチで描き切った快(怪?)作。主人公・黒沼凌のキャラが強烈すぎるため、正直言って物語の内容はあまり印象に残っていません…。ヒロインは普通の「マンガ的な絵」で描かれているのに、黒沼は写実的。圧倒的に写実的なんです。どことなく故・松田優作を思わせる風貌で、渋いダンディズムを漂わせていますが、話すのはラーメンのことばかり。熱いセリフも多いのですが、ギャグとして笑うべきなの感銘するべきなのか計りかねます。このズレた雰囲気、どこかで味わったことが…と思ったら『魁!!クロマティ高校』池上遼一タッチの絵によるギャグ)でした。この違和感を感じてもらうには読んでもらうしかないので、ぜひ立ち読みだけでもどうぞ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年02月09日