書籍の詳細

愛を信じられず、孤独の中を生きる勇介。家庭を持った後も、満たされぬ心を埋めるかのように叔母との情事を繰り返す。そして自分を捨てた母親の夫殺しの過去を知った勇介だったが…。彷徨い続ける勇介の心の闇に救いはあるのか…!?怒涛の完結編!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

捨てがたき人々のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 主人公の勇介がクズすぎる! なんだかんだと講釈を垂れて全ての責任を周りの環境のせいにしますが、その発言に何一つ共感できません。「俺がこんな人間に生まれたのは俺のせいじゃねえ」「生きるのに飽きた」etc. 知るか! みんな何かしら不満を持って頑張ってんだ! と怒鳴りたくなります。「人は夢や希望だのぬかしやがるけどよ! 心の底で考えてることは金と食べ物とセックスのことだけだっつーの!」。いや、極論を言えばそうかもしれないけど、それを言っちゃあおしまいだよ! よくぞここまで自分の本心をさらけだせるもんだと、そしてジョージ秋山もそれを描けるもんだと驚きました。人間の汚いところを描かせたら、本当にこの人は天下一品です。反面教師的な意味で「明日から頑張ろう」と思う事の出来る、珍しい(?)作品です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2009年09月29日