【最新刊】鬼と天国 【電子限定特典付き】 下

作画:お吉川京子 原作:阿賀直己

竹書房

ジャンル:ボーイズラブコミック

690円 (税別)

7ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2018年12月11日

鬼と天国 【電子限定特典付き】 下の内容

シリーズ書籍一覧 2冊を配信中

鬼と天国 【電子限定特典付き】 下の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

本心と常識の葛藤

エロ適度。背徳感が半端ない。しずる感少なめ。修正白抜き。生徒に本当に手を出していたのかは最後まで不明。年齢差が絵柄からも上手く伝わり、翻弄されるくたびれたおじさん感が凄く良く出ている。年下攻。養護教諭x荒ぶれた教師。
担任を受け持っている不登校気味の生徒が、何故か保健室にだけはよく顔を出している。学校には来ているのにオカシイ。学年主任にどやされて、その謎を解くべく保健室に足を踏み入れる青鬼だったが、とにかく保険医の天獄が苦手。見透かされた様な態度も喋り方も気になる。話をしているうちに、生徒に良からぬ事をしているのでは?と疑いはじめる。件の生徒と話をしても疑問は増える一方で、気付いたら自分の身が危険な事に!?
抑圧された過去のトラウマと対峙する様は、本当に可哀想でエロい場面で、青鬼はどんどん天獄に翻弄される。そんな天獄にも秘密があり…。大の大人の男が泣きながら懇願する萌えがたまらない。
さすが原付だけあって読み応えは充分。楽しいエロBLではなく、シリアスなので読む人は選ぶ可能性あり。保健室であんなに大声で致すのは感心しないな。直ぐ人来ちゃうだろ?あと、肩外して拉致るのは痛そうなので、やめてあげて下さい。
  • 参考になった 8

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。