書籍の詳細

奈々子が入学した名門女子校・青蘭学園には、「薫の君」「サン・ジュスト」などと呼ばれる華麗な生徒たちの女の園だった。新入生の誰もが入会を夢見る学園内の社交グループ「ソロリティ」の選考会がはじまる。ソロリティ・メンバーは、家柄や教養や容姿などを上級生に審査され、投票によって選ばれる。奈々子は自分には縁のない世界と考えていたが、何故か候補生に選ばれて…!?

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

おにいさまへ…のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 作者の意図は…
    誰かにとって大切な作品になったりすごく面白いとは思えませんが、女子校経験者にとってはいるいるあるあるが多く、興味深いのでは。
    なんでアントワネット様とオスカルが喧嘩してるんだろうと思った作画がこちらからだったので読んでみましたが(蕗子様とれいさんでした)私にとっては女子校トラウマ想起の作品でした。
    ソロリティというものは今はありませんが、今日ではスクールカーストが当てはまるんではないでしょうか。
    帝一の國とか男子校ものにはない、笑えない、女ならではの後味悪さ
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年11月13日