書籍の詳細

残忍でどう猛なうつぼ忍群が飛騨の里を滅ぼしにやってきた!飛騨忍群の誇る赤影、青影、黒影、白影、紅影は敵の精鋭五名と死闘を繰り広げるが、一人、また一人と倒れ…。赤影は敵の首領・むささび道軒を倒し、飛騨の里に平和を取り戻せるか?完結編!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

仮面の忍者赤影のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 時代劇に登場する忍者は、ジョーカー=切り札のような役割を担っている場合が多いと思う。敵対関係での形勢不利を一発大逆転で打開できる存在なのだ。『仮面の忍者 赤影』はテレビで実写化もされていて、当時の子供たちには爆発的な人気を誇った。少年忍者青影のお馴染みのセリフ、「がってんがってん、しょーち」や「だいじょーぶ」を覚えている人も多いはず。ドラマでは、強い青年リーダー赤影と中年忍者の白影、そしてひょうきんな青影の三人と分かりやすいキャラ立てだったが、原作のマンガはちょっと違う。赤影は少年であり、青影は美少年(!)に描かれていて、基本的にはこの二人がセットで敵と戦う。飛騨忍者の赤影たちは、木下藤吉郎の軍師・竹中半兵衛の指示で敵方に潜入し、忍者同士の戦いとなるのだが、この忍術の掛け合いが醍醐味。赤影が「みだれ髪」や「水花仙」といった妖術を駆使すれば、敵は傀儡(くぐつ)忍法や怪獣もどきの大ガマガエルまで登場して、赤影と青影は絶えず危ない目に…。物語の途中では白影のほかに、黒影や紅影(!)も登場するので、どんなキャラクターなのかは実際にご覧ください。それにしても、城兵たちより圧倒的な強さを誇る忍者なのだから、兵をすべて忍者化したら敵なしなのではと思えるけど、ジョーカーばかりでは物語が成立しないか。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年10月05日